転職退職金ってもらえるの?貰える条件、支給時期の目安とは

退職金ってもらえるの?貰える条件、支給時期の目安とは

様々な事情が重なって保育士の仕事を辞めることになった人も少なからずいることでしょう。

退職する際は約2ヶ月ほど前から退職の意志を伝えること、仕事の引き継ぎをしっかり行うことなどやることがたくさんですが、その他着目すべき点と言えば、退職金ではないでしょうか。

そもそも保育士は退職金をもらうことができるのか。どのタイミングで支給されるのか。分からないことが多いと思います。

そこで、保育士の退職金事情について紹介します。

保育士は退職金をもらえるのか

保育士は退職金をもらえるのか

保育士が退職金をもらえるかどうかは、保育園や勤務についての条件次第と言えます。内容によっては退職金が貰えないこともありますので注意しましょう。

では、どのケースが退職金をもらうことができるのでしょうか。詳しく解説します。

退職金が貰える条件

退職金の支給対象となるのは、保育園に正規雇用で勤務していた場合のみです。一般企業と同じですね。契約社員やパート・アルバイトにはほとんど支給されることはありません。

一部の保育施設ですと、退職時にわずかな一時金を支給するケースもあるようですが、一般的には非正規雇用は退職金の支給対象外とされています。

この雇用形態によって、退職金の受給資格の有無が決まると言っていいでしょう。

また正規職員の場合でも、勤務先の保育園によって退職金支給の有無や、支給される金額・条件・手続きなどは異なるので、就業規則などを確認しましょう。

必ず退職金がもらえるというわけではないのが現状です。

働く保育園で条件が異なる

保育園には公立と私立があり、それぞれ退職金が貰える条件が異なります。

  • 公立保育園に勤める保育士の場合

    公立保育園に勤務する保育士は、地方公務員として扱われます。そのため、地方自治法に則り勤続年数1年以上の人は退職金の支給対象として認められます。

    ただし、公務員の退職金は勤続年数および退職理由などによっても変動しますので、その辺りは注意しましょう。

  • 私立保育園に勤める保育士の場合

    私立の場合は公務員として扱われませんので、法律に則って支給されることはありません。

    そもそも退職金制度は労働基準法で定められた制度ではないため、保育園によっては退職金制度を導入していないことがあります。

また、公立保育園では勤続1年以上の保育士が支給対象となるのに対し、私立保育園の場合は勤続3年以上を対象とするのが一般的と言われています。

ただし、福祉医療機構の退職手当共済事業に加入している保育園の場合、勤続年数1年以上であれば退職金を受け取ることができます。

退職金はどれくらいもらえるの?

退職金はどれくらいもらえるの?

保育士が退職する際、その退職金額はどのように決まるのでしょうか。また、気になる支給のタイミングについても考えてみます。

退職金の計算方法

退職金の支給額は一定の計算式により算出されます。

例えば公立保育園の場合、規定により下記の計算式で算出されます。

基本給(退職日の俸給月額×退職理由別・勤続期間支給率)+調整額

一方、私立保育園の場合は独自の計算式で算出するので、場所によって支給額にばらつきがあります。

一般的に公立保育園のほうが退職金は高い傾向にあります。

退職金が支給されるタイミング

退職金は辞めてすぐに支給されるものではありません。

場所によって支給の仕方が異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

  • 公立保育園の場合

    公立保育園の場合、退職日から1カ月以内に指定の口座に振り込まれます。

    公立保育園に勤務する保育士は地方公務員の待遇となるので、この時期についてほぼ例外はありません。

  • 私立保育園の場合

    私立保育園は場所によってばらつきがありますが、主に退職から1~3カ月以内に指定の口座に振り込まれる場合が多いようです。

    私立保育園の場合は労働基準法に退職金に関する定めがないため、保育園独自の規定により決定されます。いつ振り込まれるのかか気になる方は、支給日を退職前に確認しておきましょう。

長く働けば退職金がもらえる

長く働けば退職金がもらえる

退職金を受け取れる条件に、長く働いたかどうかが含まれます。

1年働いた人と5年働いた人では支給される退職金の額は異なるのです。

退職金を多く貰うには、長く勤められそうな職場を選んで就職することが重要です。求人サイトなどをうまく活用し、長く働けそうな自分に合った保育園を見つけることがポイントとなります。

退職金の有無や金額に限らず、待遇・諸制度・福利厚生などが充実した職場は、保育士として長く働ける可能性が高いです。長い目で見れば、そういった部分に着目して就職先を選ぶのが正解と言えるでしょう。

長く働く保育園を探す場合は、専門のスタッフがいる転職サイトを利用しましょう。保育園に備わっている福利厚生や環境、どんな人がいるかなど知ることができるので、自分に合った保育園を見つけやすいです。

また退職金制度があるかどうか、大体いくらくらい貰えるのかなども事前に知ることができます。探す際にはここも注意深くチェックしましょう。

尚、転職サイトは私立保育園がメインで、公立保育園の求人を探すことができません。

その点を注意してお仕事を探しましょう。

退職金制度がある保育園を探すなら、小規模保育園専門の転職サイト、BABY JOBをぜひご活用ください。

小規模保育園以外の保育園、幼稚園の求人も多数揃えています。

https://baby-job.com/

退職は必ず通る道。退職金のある保育園で働こう

退職は誰しもが必ず通るものです。定年まで働いて辞める人もいれば、家庭の事情、健康面の問題、人間関係などの理由で退職することもあるでしょう。

その際、退職金がないまま辞めるのは少し寂しいですよね。

保育園のお仕事を探す際は、退職金制度がしっかりと備わっている保育園を探すことが大切です。

また、ただ退職金制度があるだけでなく、どういう条件で受け取ることができるのかということを事前にチェックすることもお忘れなく。

お仕事を探すときは転職サイトを活用しましょう。

一人では調べきれない保育園の内情を、専門のスタッフが調べてくれることが多いので、お仕事探しがスムーズになります。

退職金を受け取ることは悪いことではありませんし、退職金を要求することも悪いことではありません。

ぜひ働き口を探す指標としてチェックしてみてください。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年5月1日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.