転職保育士が転職したい理由|理想のお仕事の見つけ方

保育士が転職したい理由|理想のお仕事の見つけ方

ふとしたことで、転職したい、辞めたいと思う保育士は多々いると思います。

一体どのタイミングで転職を考えるのでしょうか。また、どのように転職を行っているのでしょうか。保育士が転職を考える際の理由、主な転職先、また転職するポイントについてご紹介します。

保育士が転職を考える理由

保育士が転職を考える理由

保育士が転職を考えるきっかけや理由はどんなものがあるのでしょうか。まずは保育士が転職を考える主な理由についての具体例を紹介します。

給与面での悩み

保育士の給料は一律ではなく、保育施設によって差があります。場所によっては毎月の給与が希望額に満たなかったり、残業代が出なかったりすることもあります。中にはハードな仕事内容と給与額が釣り合わないことにストレスを抱く人もいます。

こういった悩みを抱えた結果、転職を選びます。

体力面、精神面の負担

保育士の仕事はとても多く、持ち帰り業務、残業が発生することもあります。また、保護者への対応、子どもを見守り続けるプレッシャーなど精神面でも負担がかかることも珍しくありません。

このような心身の負担から転職を考える人も少なくはないのです。

職場の人間関係

園長や先輩、後輩、同僚、パート保育士とのコミュニケーション、価値観の違いなどに悩む保育士もいます。

例えば必要以上に厳しい言い方をしたり嫌味を言う先輩がいたり、指示をするまで動かない後輩がいたりなど。時には保育方針が合わずに論争が起こることもあります。

こういった人間関係による辛い出来事がきっかけで、離職する人は少なくありません。

ライフスタイルの変化

結婚や出産などを機に転職を決意するケースもあります。日常の生活リズムが変わり、保育士の仕事とのバランスが取れないことも多いです。子育てや家事に取り組む時間を求めて、時短勤務が可能な職場を探すなど、ライフスタイルの変化は転職に密接に関わってくる問題です。

保育の方向性での悩み

「もっとひとりひとりの子どもに寄り添った保育がしたい」、「園長などの年配の職員の保育方針と合わない」など保育の方向性で悩むケースもあります。大規模園から小規模園への転職するといった、今とは違う施設形態の保育園への転職を検討する場合も少なくありません。

保育士は何処へ転職するのか

保育士は何処へ転職するのか

転職を考えた保育士はどんな仕事を探そうと思うのでしょうか。

それは転職を考えるきっかけによって変わってきます。中には保育とは直接関係のない業種に行くことも珍しくありません。

保育業界への転職

子どもたちが好き、保育士を続けたいという気持ちが強く、保育士資格を生かして、保育関連の仕事に転職する人は数多くいます。

中には大規模な保育園から小規模な保育園へ、認可外保育園から認可保育園へなど、同じ保育業界でも少し条件を変えて転職することもあります。他にも資格を生かしてベビーシッターや病院内保育など保育と関連する仕事を選ぶ人もいます。

異なる業種、業界への転職

ライフスタイルの変化、保育の仕事への疲れから、異なる業種や職種へ転職する人もいます。事務職、サービス業、飲食業など、その種類は多岐にわたります。

一からの挑戦で、保育と関連しない仕事をする人もいれば、保育と関連している他業種で活躍する人もいます。例えば子供服の売り場スタッフ、習い事の先生、病院の受付などなど。他業種でも子どもと接する機会は多いので、保育の仕事で培った経験を活かせることも珍しくありません。

保育士が転職する時のポイント

保育士が転職する時のポイント

転職を失敗したくない。いい職場で働きたいと思うのは自然なことです。

転職する際に気をつけておきたいポイントについて紹介します。

転職のリスクを把握してから行動する

転職する時は、転職のリスクを把握した上で計画的に行動することが望ましいと言えます。

例えば退職してから転職に動き出すと、仕事が決まるまでの間は無収入になります。転職活動はなるべく在職中に行うのがベストです。そうすることで退職した翌月に新しい職場で働くことができますので、収入が途切れることがありません。

また退職する際は賞与や退職金、失業手当など受給条件をきちんと調べた上で退職時期を調整しても良いでしょう。もしも2〜3カ月長く勤めるだけで賞与や退職金が変わってくる場合は、その期間も延長して勤めるなどの調整をした方が良いかもしれません。

重視する条件を整理しておく

希望する転職先の条件を考えるときは、自分の基準で優先順位をつけていくと良いでしょう。代表的な条件として以下のような内容が挙げられます。

  • 給料
  • 職場の雰囲気
  • 通勤時間
  • 労働時間
  • 時短勤務ができるかどうか

どんな転職先でも、上記の条件をすべて満たすような完璧な勤め先が見つかることはほとんどありません。自分の優先順位を整理して、なるべく自分の理想に近い転職先を探しましょう。

保育士向けの求人サイトを活用する

同業種への転職を考えている場合、保育士の求人情報を専門に取り扱っているサイトを利用すると効率良く転職活動ができます。

特に、専任スタッフがサポートしてくれる紹介系の求人サイトが良いでしょう。

保育士の転職は信頼できるサイトを利用しよう

保育士が転職する時のポイント

保育士からの転職を考えるきっかけは、給与面や体力面、人間関係、やりがいなど様々ですが、共通していることは、今よりも人生をより良いものにしたいという前向きな気持ちでしょう。

転職を決めた際は、行きあたりばったりな行動ではなく、事前にしっかり準備をしておきましょう。いつまでに転職をするか、どんなj貢献を優先的に仕事を探すか、保育士を続けるか別の仕事を探すかなどなど。計画的に行うことで理想のお仕事を見つけることができるはずです。

保育士は勿論、他業種でも求人サイトを活用して探してみましょう。相談に乗ってくれたり、一緒に仕事を探してくれる紹介系のサイトがおすすめです。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年5月17日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.