転職保育士の再就職|復職に役立つ取り組みと資格を活かせる仕事とは?

保育士の再就職|復職に役立つ取り組みと資格を活かせる仕事とは?

保育の現場を離れている人の中には、出産や子育てが落ち着いたタイミングなどで「また保育士として働きたい」と再就職を考え始める人も多いのではないでしょうか。

しかしいざ復職となっても、ブランクを埋められるのか、子育てとの両立ができるかなどの不安があるでしょう。

そこで、希望する職場への就職に向けて利用できる制度や、ブランクのある方にも検討してほしい施設をご紹介します。

保育の現場を離れていても、再び仕事をすることはできますので、是非参考にしてください。

再就職を目指す保育士が抱えがちな悩み

再就職を目指す保育士が抱えがちな悩み

一度離れた現場に戻るというのは不安がつきものです。再就職を目指す際に抱えがちな悩みをいくつか紹介し、合わせて対応策についても触れていきます。

特に女性の場合によく見られるのは、「出産・育児が一段落して仕事に復帰したい」という理由です。また、一旦は別の業界に転職したものの、「やっぱり保育士資格を活かせる場所で働きたい」「保育士として人の役に立ちたい」などの動機から、改めて保育施設での就職を目指す人もいます。

保育士が再就職する際に抱えがちな悩みの例

再就職を考えた時に、壁となる点にも、共通するものが挙げられます。

退職してから長期間ブランクがある場合は、仕事に付いていけるかどうか心配に思う人が多くいます。実際に、勤務していた当時と比べ、保育に求められるものが変化し、仕事内容や必要なスキルが変わっていることもあります。

また、年齢とともに体力が落ちていると感じている人は、それも不安材料となることがあります。

他にも子育てと仕事の両立が難しいという悩みも聞かれます。勤務時間に融通が利くか、自分の子どもが病気やケガをした時に別の保育士と交代できるか、協力しやすい人間関係が築けるかなど、気になる点が多くなりやすいのです。

しかし、それらの条件が良い職場は競争率も高くなってしまい、余計に再就職先に悩む人は増えるのです。

悩みへの対策

対応策として考えられるのは、希望条件に優先順位を付けた上で転職先を探すということ。保育士向けの転職サイトや転職エージェントを利用するといいでしょう。

ブランクのある人や子育てとの両立を考えている人に向けた求人情報も掲載されているため、希望に合う転職先を見つけやすいのが特徴です。

また、時短勤務などのこだわり条件から探すこともできます。求人サイトの専任スタッフが、面接の日程を調整するなど、再就職をサポートしてくれる場合もあります。

保育士の再就職を支援する取り組み

保育士の再就職を支援する取り組み

不安の多い再就職ですが、支援に向けた取り組みは様々存在しています。その中からいくつかご紹介しましょう。

保育士の再就職相談

都道府県や市町村などの自治体が運営している「保育士・保育所支援センター」で、再就職に関する相談や研修など再就職支援を受けることが可能です。こちらは、ブランクがあって職場復帰に不安のある方を始めとして、保育士の就職を支援する施設です。

求職登録した場合、キャリアアドバイスや希望する職場の紹介や斡旋などのサポートをしてくれます。まずは近くの支援センターを探しておきましょう。

保育士の就職支援資金の貸付

「保育士修学資金貸付等制度」の中で、再就職の準備に必要な資金の貸付を受けられる仕組みです。借りられる金額は20万円以内(有効求人倍率が高い都道府県、被災地都道府県は40万円以内)となっており、対象者は保育所等離職後1年以上経過した人、または新たに就職する人で、週20時間以上勤務する保育士となっています。

自治体の保育園(保育施設)に2年以上勤務した場合などの条件を満たせば、返済が全額免除となるケースもあるので、気になる方は、自治体や社会福祉協議会のWebサイトをチェックしてみましょう。

保育士志望の人向けの研修

各自治体が実施する研修・セミナーも多くあります。未経験の有資格者に向けたものが多いですが、参加すれば保育業務について学び直せるため、ブランク後の再就職の際も役に立つでしょう。保育現場を見学ができるツアー、出張相談や就職フェアなども開催されています。

無料で参加できる場合も多いので、まだ復職するかどうか迷っている人も、一度どのようなものかを自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

再就職を目指す保育士におすすめの職場

再就職を目指す保育士におすすめの職場

再就職先は認可保育園だけに限りません。最近では、様々な形態の保育施設が存在しています。各保育所の特徴を比較しながら、選択肢を広げていきましょう。

小規模保育園

小規模保育園とは、子どもの定員が6~19名以下の、小規模な保育園を指します。少人数の職員で運営している場合が多く、保育士同士の連携が取りやすいと言われます。一人ひとりの子どもと深く関わる時間を取りやすいため、それぞれの成長をしっかりと見届けられるのが特徴です。また、子どもの体調不良にも迅速に対応しやすいといえます。

さらに小規模になりますが、家庭的保育事業(保育ママ)という、少人数の3歳未満の児童を家庭的保育者(保育士)の居宅などで保育を行う形態もあります。

いずれも園の行事やイベントが少ない職場も多く、体力に不安のある人などには働きやすいかもしれません。

また小規模保育園は認可保育園、認可外保育園ともにあるのが特徴です。

企業内保育園

企業内保育園(事業所内保育園)は企業が自社の従業員などに向けて運営する保育施設のことを言います。企業の中や周辺に設置され、従業員の子ども以外にも近隣の職場で働く人の子どもを預かっています。0〜2歳児が対象で、多くは小規模な園です。

企業が土日休みの場合は、保育士も土日休みになることがあります。企業の職員の給与体系と同じ条件で働けることもあるため、給料や福利厚生などの待遇が安定している傾向にあると言えるでしょう。

病院内保育園

保育園は公立・私立の運営母体の違いによりカリキュラムが異なる場合があります。

私立保育園では運営団体の方針によって、独自の教育を行うところもあるので、運営団体の違いには要注目です。また就職先は保育園だけではなく、乳児院や児童養護施設など幅広い選択肢があります。どの施設が自分に合っているかをじっくり検討した上で、就職先を決定しましょう。

学童保育(放課後児童クラブ)

学童保育は保護者が働いているなどの理由で、小学校が終わった後の放課後の時間に、親が家庭にいない子どもたちをみてくれる施設のことを言います。「平成30年(2018年) 放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」によると、小学校の空き教室や児童館などのスペースで、全国で2万5000か所以上の施設があり、123万人を超える児童が利用しています。

学童で働く放課後児童支援員の約25%は保育士資格の保有者で、短時間からでも資格が活かせる職場です。

幼稚園

幼稚園は3歳から小学校入学前までの子どもたちが、「幼稚園教育要領」に基づく教育を受けられる施設です。開園時間は、概ね10時~14時が基本となる一方で、行事などが保育園と比較すると多いと言われます。

幼稚園で働くには幼稚園教諭免許が必要です。また近年では保育園と幼稚園の機能が一体となった「認定こども保育園」も増加しており、働くには両方の資格を有した保育教諭となる必要があります。各園によって保育士の業務量や負担感も異なる場合がありますので、しっかりと確認しておきましょう。

再就職を支援する取り組みや、活躍できる職場はたくさん

保育業界の採用動向に注目し、就職活動を成功させよう

復職へのハードルは誰にとっても高く思えるものです。しかし再就職したい保育士を支援する取り組みやブランクがあっても働きやすい職場は、調べてみると意外に多いことが分かります。

復職に少しでも不安を感じることがあったら、まずは保育所支援センターなどに行ってみることをおすすめします。また気になる園がある場合は採用情報を小まめにチェックしましょう。現在他の業界で働いていて転職活動に時間が掛けられない場合は、求人サービスでキャリアアドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。会社によっては、履歴書の添削や面接対策などもやってもらえます。

働く先も保育園に限らず、資格が活かせる職場や職種を広い視点で探すことが大切です。多少時間がかかってでも、自分の希望する働き方を実現できる職場をじっくりと見つけていきましょう。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年8月28日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.