転職例文あり!基本的な保育士の履歴書の書き方

例文あり!基本的な保育士の履歴書の書き方

転職の際に欠かせないのが履歴書。

履歴書の書き方一つで合否が決まってしまうというくらい、履歴書はとても大切なものになります。

そんな大切な履歴書で失敗したくはないですよね。そこで、保育士向けの履歴書の書き方について紹介します。

履歴書の基本的な書き方

履歴書の基本的な書き方

まずは、履歴書を作る際のポイントを押さえつつ、基本的な項目を埋めていきます。

手書きの場合、読みやすい字で記入する

最近の履歴書はパソコンで作成することが増えてきました。パソコンですと読みやすい字になりますし、何度も何度も作り直すという手間が省けます。

しかし、保育園の場合は手書きの書類作成が多く、履歴書も手書きのものを求めるケースがあります。

面接の前に推奨される履歴書の書式を確認しておくことをおすすめします。

手書きで作成する際は黒のボールペンを使用し、丁寧に書くように心がけましょう。できるだけ大きくはっきりとした文字が望ましいです。

また修正テープや修正ペンを使わないようにするのもポイント。一つでも間違えたらその履歴書は駄目になってしまうので、他の紙でしっかり文章を組み立ててから書くようにするといいでしょう。

基本情報

氏名、生年月日、連絡先などの項目です。間違いのないようにしっかりと記入しましょう。

住所を書く際は都道府県や建物名などを略さず、誰が読んでも分かるように記載します。連絡先は必ず連絡が取れるものを選択します。携帯電話のほうが確実に連絡がとれるのであれば携帯電話の番号を記載しても構いません。

履歴書の欄外に日付を入力する箇所がありますが、こちらは提出日を記入します。西暦、和暦どちらもでも構いません。

また履歴書に貼り付ける写真は、撮影してから3ヶ月以内のものを使用するのがマナーです。写真の裏には、万が一剥がれ落ちても誰か分かるよう、氏名を記入しておきます。

学歴、職歴

基本的には義務教育までの学歴を書く必要はなく、高校からで問題ありません。

学校名は長い場合でも学部や学科まで正式名称を入れ、「入学」か「卒業」かを明記します。年次にも間違いがないか必ず確認しましょう。

中途採用の場合、重視されるのが職歴です。すべての「入職」「退職」(株式会社であれば「入社」「退社」)を時系列で記載します。

法人名は省略せず、部署名も明記しましょう。

職務内容や勤務形態、保育施設の場合は園の規模なども簡単に併記すると、相手に職歴が伝わりやすくなります。

退職の場合、「契約期間満了のため」「出産のため」や「一身上の都合により」などと理由を添えておきましょう。

また、最後の行に「以上」または「現在に至る」と記載することで、相手に最新の状況が正しく伝わります。

免許、資格

「保育士資格」「幼稚園教諭免許」「普通自動車免許」などの保有している資格を書きましょう。検定の合格などを含めて多数ある場合は、保育の仕事に関係のあるものを選んで記入します。

資格は取得した年月順に、正しい名称で記載してください。また、現在取得に向けて勉強しているものがあれば、取得予定時期を添えて記入しておくのもおすすめです。

【関連記事】待遇アップ!保育士に役立つ資格とキャリアアップ研修制度

本人希望欄

求人にいくつかの雇用形態や業務内容、勤務地などの候補がある場合は希望のものを記載しましょう。通勤手段など特記すべき項目があれば、それもこちらに記載します。

ただし、記載した項目は「絶対条件」と捉えられることがあるので、最初から要望を固めすぎない方が可能性は広がります。ここは譲れないというほどの条件がない場合は「貴施設の規定に従います」と書き、面接などを通じてすり合わせていく方がいいでしょう。

採用担当者の目に留まりやすい履歴書のポイント

採用担当者の目に留まりやすい履歴書のポイント

履歴書は自分の基本情報を入れるのは勿論ですが、より重要なのは志望動機や自己PRです。

ここをしっかりと見ている採用担当者は多いので、ここの書き方に失敗がないようにしたいところです。

【関連記事】自己PRの書き方は?保育士ならではの例文とアピールの仕方

保育園(保育施設)の特徴を押さえて志望動機を書く

応募を考える際には事前にしっかり情報収集し、園の「保育方針」や「求める人物像」を必ず確認しておきましょう。

その上で履歴書の志望動機欄に、園のどこに自分が惹かれたのか、魅力を感じた保育内容や事前見学での印象を具体的に記入します。

どれだけ自分が「働きたい」と願っていても、その園について触れた内容が薄ければ、採用担当者は「一緒に働きたい」とは思ってくれません。どの園にも当てはまる記述だと、志望動機を使いまわした印象を与える場合もあります。

逆に、収集した情報を自分の体験に結び付けて記述すると、自分の強みや想いが伝わりやすくなるでしょう。

例えば、食育活動を強化している園であれば、「食の重要性について学んだ経験があるので、その知識を活かして働きたい」などと書くことで、採用側もその人が働く姿をリアルにイメージすることができます。

志望動機に具体性を持たせる

保育士として働きたい理由、目指す保育士像も具体的に書くようにしましょう。

その際、過去の経験を用いて記載すると説得力が増します。

エピソードの説明が長くなる場合は、その経験の結果「何を感じたか」などの結論から書くことで、伝わりやすい文章になります。結論を述べたあとで補足するように、起きた事柄や理由を記述するようにしましょう。

趣味や特技は保育士に役立つものを選ぶ

趣味・特技の欄も、自己PRできる項目です。ピアノや歌、スポーツ、ダンスなど、子どもと接する上でアピールポイントになりそうなスキルを挙げましょう。

その上で、相手にどうすれば実力が伝わるかを考えることも大切です。「3年間やっていた」「賞を受賞したことがある」など、実績として書ける場合は併せてそのことも記載します。

保育士の履歴書に記載する志望動機の例

保育士の履歴書に記載する志望動機の例

実際、どのように志望動機を記載するといいでしょうか。

別の保育園からの転職、ブランクを経てからの保育士に再就職など、色々なパターンがあります。

それによって書き方も異なりますので、下記のサンプルを参考に工夫して作成してみましょう。

別の保育園からの転職の記入例

前職では定員200名の規模の大きな園で働いていました。保育の内容も充実しており、数多くの学びを得ることができましたが、ひとりひとりの子どもにもっと関わりたいと思うようになり、転職を決意しました。

貴園に応募させて頂いたのは、アットホームな雰囲気で落ち着いた保育をされている点、今いらっしゃる7名の保育士の方々が柔軟な連携をされている点に、特に惹かれたためです。理念に掲げられた「見守る保育」に従い、私も子どもたちを見守りながら、日々の保育を大切にしたい所存です。

ブランクを経て、保育士に再就職するとき

大学を卒業後、4年間保育士として勤めていましたが、出産を機に、前職の園を一度退職しました。待機児童の問題もあり、なかなか再就職に踏み切れませんでしたが、しばらく子育てに専念する中で改めて、「保育士として忙しい保護者を支えたい」と強く思うようになりました。子どもが近くの保育園に入れる目処も立ったため、市の中でも保護者支援で特に先進的な取り組みをされている貴園に応募させて頂きました。自分も感じたような保護者の子育てへの不安が少しでも和らぐよう、そして子どもたちが笑顔で過ごせるよう、保育士としてサポートできたらと考えています。

履歴書は、「働きたい」を届ける第一歩

履歴書はある程度形式が決まっているものですが、だからといって使い回すことなく、しっかりと思いを込めて書くことが大切です。

履歴書一つで合否が左右されますので、相手の立場から見て必要な情報を伝えられているかしっかりチェックしましょう。

採用担当者が一緒に働いてみたいと思えるかどうかが大切です。誤字脱字等がない、完璧な履歴書を作るのが理想です。

履歴書は応募先の園に「そこで働く保育士」として出会う一歩目です。

志望動機、自己PRの文章をいくつも練習し、また友達などに見てもらうようにして、より良いものを作れるように頑張りましょう。

ベビージョブとは

ベビージョブ」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年10月16日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~ 「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~
この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~ この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~
「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする” 「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする”
“目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3) “目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3)
“日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3) “日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3)
位置情報を取得できませんでした。
位置情報を利用できるようにするには、位置情報サービスをオンにしてください。