働き方保育士の髪型事情|おすすめヘアスタイルと覚えておきたいポイント

保育士の髪型事情|おすすめヘアスタイルと覚えておきたいポイント

保育士の第一印象は、外見で決まることが多いと言えます。髪型や服装、メイクなどには特に気を遣うようにしましょう。

特に髪型については、すっきりとしたまとめ髪やショートヘアで清潔感のある髪型が保護者からも好感を得やすいとされています。ロングヘアでもヘアスタイルを工夫することで、すっきりとした印象になります。

そこで、保育士におすすめのヘアスタイルとNGのヘアスタイル、髪をまとめる時のポイントなどをご紹介します。

保育士にふさわしい髪型とNG例

保育士にふさわしい髪型とNG例

保育士に望ましい髪型とそうでない髪型について、具体的にご説明します。これから就職する方はもちろん、転職する方や復職する方もぜひ参考にしてください。

保育士にふさわしい髪型とは?

外見による第一印象は、保育士にとって重要なものです。子どもたちだけでなく、保護者や地域の住民からも好感を持ってもらいやすいヘアスタイルを心がけましょう。ヘアスタイルと併せて、メイクや服装にも注意して身だしなみを整えます。

仕事中は、子どもたちと触れ合う際に髪型をぐしゃぐしゃに崩されてしまうことも多々あります。

ショートヘアであれば、保護者が急に来園した際もサッと髪型を整えることができシンプルでおすすめ。

ロングヘアであれば、ハーフアップやお団子ヘアなどで横髪をすっきりさせてまとめると好印象です。

やってはいけない髪型の例

髪を束ねる際、ヘアピンやアクセサリーを使用するのはNG。バレッタなどを使用しているとふとした時に髪から落ちてしまい、子どもが誤飲したりケガをしたりしてしまう可能性があります。

特にヘアピンは小さいため誤飲しやすく、先端が子どもの肌に刺さってしまうこともあるので、使用を控えましょう。

仕事中もヘアアレンジやおしゃれを楽しみたいのであれば、髪全体がまとまっているかを重視して髪型を決めます。

視界を遮るような長い前髪や、毛束が子どもにかかってしまうようなラフな髪型はおすすめできません。前髪が伸びているのであれば編み込みなどですっきりとまとめ、長い髪はゴムで一つ結びにしてまとめましょう。毛先がまとまっていないと、子どもの目に髪の毛の先が入ってしまうかもしれません。

保育士におすすめの髪型

保育士におすすめの髪型

ではどんな髪型が保育士におすすめなのでしょうか。全てヘアゴムだけでアレンジできるのでとても手軽。さらにシュシュなどを上手に使えばオシャレも楽しめますよ。

基本的に、崩れてしまってもすぐに元の状態に直すことができるヘアスタイルが望ましいです。

セットしやすさに加え、かわいくて清潔感もあるヘアスタイルを目指しましょう。また、ヘアカラーでオシャレを楽しみたい場合は、明るい色になりすぎないよう注意しましょう。基本的に黒や暗い茶色などのナチュラルカラーが好まれています。

保育士の中でも人気の高いヘアスタイルは以下になります。

ショートカット

髪型が崩れてもすぐにセットでき、激しく運動した際も髪型の乱れをあまり気にすることなく保育に集中できるため、保育士におすすめのヘアスタイルです。保護者の受けも良く、元気でアクティブな印象を与えることができます。

ヘアアレンジはあまり楽しめませんが、ヘアアイロンを上手に使用して毛先を内に巻いたり、外にハネさせた毛先を混ぜることで、軽さや女性らしさを演出することも可能です。

子どもと遊ぶ際に走ってもすぐに整えることができ、プールの時期はすぐに準備できるといったメリットもあります。

ボブ

ボブもショートカット同様に、すぐに髪の乱れを直すことができる髪型です。ただし、サイドの髪で左右の視界が遮られてしまう可能性もあるので、横部分の髪の長さに注意しましょう。

アレンジする際は、長さが足りるのであれば二つ結びにしてみるのもおすすめです。子どもたちが真似しやすいヘアスタイルにしましょう。

ミディアム

ちょっとしたアレンジがしやすいヘアスタイルです。気を抜くとケアを怠っているようにも見えてしまうので、保育業務を行う際は清潔感を与えられるようにまとめましょう。

ヘアアレンジしやすい長さなので、いろいろな髪型を楽しむことができます。三つ編みや二つ結びはもちろん、スタイルが乱れてしまった時は髪を一つまとめにしてハーフアップにすることで、印象もガラリと変わります。ポニーテールやくるりんぱなどのヘアアレンジも可能です。

ハーフアップにする時は、束ねていない部分の毛先が子どもたちの目に入らないよう注意しましょう。

ポニーテール

ロングヘアを簡単にまとめることができるポニーテールは、時間をかけずに髪をまとめられるため特におすすめです。アレンジの幅が広く、同じポニーテールでもヘアゴムの色を変えてみるだけで印象が変わります。

ヘアゴムの上からシュシュを巻いてみるのもおすすめです。ポニーテールをした後三つ編みにし、それをまとめてお団子ヘアにするアレンジも簡単にできます。

お団子ヘア

お団子ヘアは、お団子を作る位置でかなり印象が変わります。

保育士がこのヘアスタイルする場合、あまりにも高い位置でお団子を作るのはおすすめできません。絵本の読み聞かせをしたり、DVDを見たりする時に保育士のお団子ヘアが邪魔になり、子どもの視界を遮ってしまう可能性があります。

お団子を頭からはみ出さない位置に作れば問題ありません。三つ編みをくるくると巻いてお団子ヘアを作る方法は、ゴムを使わず手軽にできます。

保育士が髪型を変える時に覚えておきたいポイント

保育士が髪型を変える時に覚えておきたいポイント

保育士のヘアスタイルは、個人の印象だけでなく園の印象にも影響することがあります。髪型をチェンジしたい場合は、保育士という立場を踏まえてある程度注意を払う必要があるでしょう。ヘアスタイルを変える場合に押さえておきたいポイントをまとめました。

施設の決まりやイメージに合った髪型を選ぶ

職場のルールをきちんと守ることは、大人として当然のこと。保育園ごとのルールを事前に確認し、清潔感のある髪型を選びましょう。

髪型を変えたいけれどどんなものがいいのか分からない時は、先輩保育士や主任などに相談してみてもいいでしょう。教育者であるという自分の立場をしっかりとわきまえ、施設のイメージを崩さないように注意してください。

ヘアバンドを使用したギブソンタックなどの少し珍しいヘアアレンジを考えているのであれば、まずは上司や同僚に相談してみてもいいかもしれません。

実習・研修期間中は黒髪にする

どんな職場でも第一印象は大切です。保育園は特に清潔感が求められる職場なので、実習期間や研修期間中はナチュラルな髪色がベスト。

特に研修期間中は職務態度などをチェックされるため、明るい髪色は基本的に禁止です。もともと髪色が明るい場合は、実習前や研修期間前にナチュラルカラーに変えておきましょう。

自分らしいヘアアレンジで親しみやすい保育士を目指しましょう

子ども、特に女の子は、かわいいヘアアレンジが好きな子も多いです。派手すぎず清潔感もがあり、子どもが親しみを持ちやすい髪型で楽しく仕事に取り組みましょう。

子どもたちにすぐに顔を覚えてもらうためにも、顔がはっきりと見える髪型がおすすめです。ヘアアレンジでちょっとしたオシャレを取り入れれば、子どもに「かわいい!」と言ってもらえますし、親しみやすさが生まれます。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年5月22日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.