働き方企業内保育所とは?高待遇が期待できる保育施設で働くメリット

企業内保育所とは?高待遇が期待できる保育施設で働くメリット

2015年4月より本格施行された「子ども・子育て支援新制度」。国が主体となって行う「仕事と子育ての両立支援」において、事業所内保育を軸とした、企業が主導となる保育サービスの拡大支援が内容に盛り込まれ、企業内保育所を設置する企業が急増しています。

ここでは、企業内保育の基礎知識・施設の種類・そこで働くメリットなどについてご紹介します。

企業内保育所の基礎知識

企業内保育所の基礎知識

仕事と子育ての両立支援を目的として、現在設置する企業が急増している企業内保育所。どういったものなのか、まずは具体的に見てみましょう。

  • 企業内保育所とは?

    従業員が就業中に子どもを預けられるよう、企業が事業所内に設置する保育施設の総称を「企業内保育所」と言います。

近年、女性の社会進出が活発になるにつれて保育所のニーズが拡大してきました。核家族化が進んだことも手伝い、保育所に入れない「待機児童」が急増。深刻な社会問題へと発展しました。

そこで、仕事と子育ての両立支援を目的に、自社ビル内や勤務地近辺に保育施設を設置する企業が急増し、政府も待機児童問題の解消に向け、企業主導型保育事業の助成を開始したのです。

企業内保育所は基本的に、自社従業員の子どもを預かることを目的とする施設です。しかし保育所の種類によっては、一般家庭の子どもを対象とした地域枠の確保が義務付けられているなど、社会貢献の役割も果たしています。また、認可保育所と同程度の補助金が出る場合もあります。

企業内保育所の主な種類

企業内保育所は施設形態により3つのタイプに分けられます。

  • 事業所内保育所(認可保育所)

    国が定めた基準を満たし、市区町村の認可を受けた保育所です。保育児童の募集は自治体が行い、地域枠の設置が義務付けられています。認可を受けるためには、同市区町村での認可保育所運営の実績が一定期間必要など厳しい基準があり、設立までには比較的長い準備期間を要します。

    保育の対象は主に0~2歳の乳幼児で、開所時間は自治体の定めによります。

  • 企業主導型保育所(認可外保育所)

    平成28年度に内閣府が開始した、企業主導型保育事業の助成制度を利用して設置された保育施設です。認可外ですが、一定の基準を満たすことで助成を受けることができます。

    認可保育所に比べると、地域枠の設定が自由など基準が緩めなので設置しやすく、従業員のニーズに焦点を絞った保育の実施が可能です。同一ビル内や近隣の企業が合同で保育所を設置するなど、柔軟な運用がなされています。

    基本的に保育の対象年齢に制限は設けず、開所時間も「夜間対応」・「病児保育」など自由度の高い設定が可能なことが特徴です。

  • 託児所・託児スペース

    従業員の子どものみを対象とした保育施設で、基本的に保育スペースが確保できればすぐに運用が可能です。

    自治体に届けを出していない施設も多く、助成の対象にはなりません。

    託児所・託児スペースについて設備や運用面での不安が大きいのであれば、事業所内保育所や企業主導型保育所を利用したいところです。

企業内保育所で働くメリット

企業内保育所で働くメリット

大企業を中心に、企業内保育所を設置する企業が急増し、求人ニーズも拡大中の企業内保育所。就職先として見た場合、企業内保育所にはどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

  • アットホームな雰囲気で仕事ができる

    企業内保育所は小規模の施設が圧倒的に多く、一般的な保育施設と比べて、預かる子どもや職員の数が少ないのが特徴です。そのため職員・園児・保護者の関係は親密になりやすく、アットホームな雰囲気の中で、子どもたちに対してきめ細かい仕事ができると言われています。

  • 業務における負担が少ない

    企業内保育所はオフィスビル内に併設されているのが一般的であり、園庭がない施設がほとんど。運動会やお遊戯会などの行事を行わない施設が多く、行事準備のための持ち帰り業務や残業などが発生しにくいとされています。

    園外に出る機会がほとんどないので、園児が快適に過ごせる環境作りについてはそれなりの工夫が必要となりますが、ワークライフバランスを重視する方には適した環境と言えるでしょう。

  • 待遇面の条件が優れている

    福利厚生は運営している企業と同一というケースが多く、休日・休暇も運営企業に準ずる場合がほとんどです。土日休みの企業の場合は保育所もカレンダー通りの休みとなるため、一般的な保育所に比べて休日は多めと言えるでしょう。

    また休日休暇以外の福利厚生も利用できるところが多いので、一般の保育施設より福利厚生が充実していると言えます。

好条件が見込める企業内保育所

好条件が見込める企業内保育所

近年、深刻化する待機児童問題の解決に向けて、政府による企業主導型保育事業の推進が活発化し、企業内保育所への注目が高まっています。

企業内保育所のほとんどは小規模施設であり、預かる子どもの数も少なめでアットホームな雰囲気のところが多いという特徴があります。また事業所内に併設されていることが主流であるため、一般的な保育園で行われる運動会などの行事を廃止している場合が多く、スタッフの業務負担が軽減されるというメリットもあります。さらに福利厚生も運営している企業と同一であるケースが多く、比較的好条件で働くことが可能なのです。

企業内保育所への就職を目指すなら、小規模保育求人に特化した求人サイト「BABY JOB」をご活用ください。

https://baby-job.com/

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年6月5日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.