働き方保育士資格を生かせるお仕事

保育士資格を生かせるお仕事

訳あって保育士の仕事を辞めることがあっても、せっかく取得した保育士資格を活かしたいですよね。

保育士資格を活かせるのは保育士だけではありません。他にも数多くの仕事で資格が役に立つことがあるのです。転職の幅がぐっと広がりますので、ぜひチェックしてください。

保育士の主な転職先とは

保育士の主な転職先とは

保育士や幼稚園教諭の免許を生かした転職先は保育の現場のみではありません。保育施設への転職はもちろん、その他にも取得した免許を生かせる職種をご紹介します。

保育園(保育所)

保育園などの保育施設は、保育士の転職先として一般的です。同じ業種への転職ですので、即戦力として活躍できます。保育園によっても仕事内容や勤務時間、給与などが異なるので、さまざまな園を見比べて転職したいと思うところをピックアップしておきましょう。

福祉施設

保育園以外にも、母子支援施設や障害のある児童の支援施設などの児童福祉施設も保育士を募集しています。こういった施設は保育士資格や保育経験を生かすことができる転職先の一つです。

この他にも、家庭の事情で親との生活が困難な子どもたちの総合的な支援を行う児童養護施設や、親の事情で育てることのできない乳児を預かる乳児院、障害を持つ子どもたちが入所している障害児入所施設なども保育士の資格を活かすことができます。

子どもと接したいけど保育園以外の場所で働きたい人には最適な選択肢ではないでしょうか。

一般企業

一般企業の場合、保育士資格を活かせる機会はあまりありません。中には活かさないまま他業種で活躍する人も多いです。保育園より勤務時間や給与、条件が変わりますので、自分に合った仕事を選ぶことも珍しくありません。

一方で、一般企業の中でも保育士としての経験を活かせるケースもあります。例えば子どもを学習面からサポートする塾の講師や習い事の先生、子ども服の販売員、子ども向けアミューズメント施設の職員などが挙げられます。

【施設別】保育士資格を生かせる主な仕事

【施設別】保育士資格を生かせる主な仕事

保育士資格を生かせる主なお仕事について紹介します。仕事の内容は施設によって様々。自分に合ったお仕事を見つけましょう。

保育園

やはり資格を活かせる代表格と言えば保育園。

保育園での勤務といえば、遊びなどを含めて子どもたちに関わるさまざまな業務を行うお仕事です。日常的な子どもの身の回りのお世話や、園で行う行事やイベントの準備などを行います。保護者との円滑なコミュニケーションも、保育園で勤務する上で大切な業務。

保育園はそれぞれに違いがあり、運営形態も異なります。公立なのか私立なのか、認可保育園なのか認可外保育園なのかなどをしっかりチェックしましょう。

園それぞれに特色や働くメリットがあります。少人数の保育に特化した施設もあるので、自分に合った保育園を見つけましょう。

家庭訪問型

家庭訪問型とは子どものいる家庭に訪問し、保護者とコミュニケーションを取りながら子育ての支援などを行うお仕事です。

  • ベビーシッター

    依頼を受けて家庭を訪問し、子どもを預かります。子どもの人数は基本的に1~2人で、主に一人で対応します。

    子育てをしている保護者や子どもとは、より密接な信頼関係を築くことが求められます。派遣やパートが多く、中には自営業として開業している人もいます。

  • 保育ママ

    保育ママは、保育を行う人が自宅で子どもを預かるお仕事です。3歳未満児の場合は、保育ママ1人につき最大3人まで預かることができます。

    保育ママとして働く場合は自治体の認定を受ける必要があるので、しっかりと確認を行いましょう。

    家庭的な保育を行い、保護者と子どもの成長を感じて共に喜び合うことのできますが、長い準備期間や保育スペースの確保が必要です。

認定こども園

認定こども園は、保育園と幼稚園を複合させた保育施設です。保育を行う子どもの対象年齢は0~6歳までと幅広く、子どもと職員の人数も多い施設といえます。

また認定こども園にはいくつかの型があり、幼稚園的機能と保育園的機能の両方の機能をあわせ持つ「幼保連携型」と、既に存在している幼稚園が保育園的な機能を備えた「幼稚園型」の園が多い傾向があります。

認定こども園で働く場合は保育士資格の他に幼稚園教諭の資格が必要になりますので注意が必要です。保育士資格を取得している場合は、幼稚園教諭の資格が取りやすくなっていますので大きな負担にはならないでしょう。

企業内保育施設

企業内保育施設とは、企業職員の子どもを預かって保育する施設です。職場は企業の敷地内などにあり、企業が休みの時は保育施設もお休みとなります。小規模保育であるケースが多く、保育だけでなく働くお母さんをより身近に感じられるという点が、やりがいになるでしょう。

給料は企業によって差があり。保育士の平均よりも少ないこともありますが、その企業の従業員と同じ額を提示している場合もあります。

病院内保育施設

病院内保育施設では、病院で働く医師や看護師の子どもを預かり保育します。サービス残業が少なく、認可保育園などよりも給料は高い場合もあります。

保護者が病院勤務ということもあり、24時間体制の保育を行っている場合が多いです。保育園などのように大きな行事は少なく、勤務内容はとてもシンプルといえます。

学童保育施設(学童)

学童保育は、対象年齢が7歳からの小学生を対象とした施設です。小学校1~3年生の子どもが多いですが、6年生まで預かっている施設も多数あります。

施設では子どもたちの宿題を見たり、おやつの準備や一緒に遊んだり過ごします。子どもの成長を肌で感じることができ、持ち帰り仕事や残業はほとんどありません。

病児保育施設

嘔吐や発熱などで、保育園に登園することのできない子どもの保育を行う施設です。施設で子どもを預かる場合と、自宅訪問をして保育を行う2つの形態があります。

病児を預かるということで、鋭い洞察力と咄嗟の判断力などが必要です。保育士以外にも看護師や医師、民間の認定資格である認定病児保育スペシャリストや、認定病児保育専門士の資格を持っている人もいます。

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスでは、知的や精神に障害がある児童や発達障害の児童を放課後に預かります。施設利用者の対象年齢は幅広く、6歳~20歳未満の人が施設を利用します。

施設によって個性があり、運動や楽器演奏、PC操作などを習い事のように教える「習い事型」、自由な時間を提供しつつ料理や掃除など生活に必要なことを教える「学童保育型」、専門的な療育を受けることができる「療育型」があります。

インターナショナルプリスクール

インターナショナルプリスクールでは、日本で幼少期にネイティブな英語に触れることができます。

対象年齢は小学校就学までの幼児で、英語による保育や遊びが行われます。英語が得意であるという方はぜひチェック! 海外の方も多く働いている職場です。

保育士資格を持つ人が上手に転職先を見つけるコツ

保育士資格を持つ人が上手に転職先を見つけるコツ

保育士資格を持っていてスキルもある場合、どのような点に要点を置いて転職先を見つけるべきなのでしょうか? 上手に転職先を見つけるコツをまとめました。

仕事に対する希望条件を明確にする

まず保育士資格や経験を生かし、どんな仕事をしたいのかを考えて希望条件を明確にしていきます。「保育方針が自分とマッチしている職場で働きたい」「雰囲気の良い職場で働きたい」「今よりも給料の高い仕事に就きたい」など、具体的な例をピックアップしてみるとわかりやすくなります。

希望条件を整理し、その中で優先順位を付けていきましょう。すべての条件を満たす職場を探し出すのは難しいため、一番自分が大切にしたい希望条件に沿っている職場をいくつかピックアップしておくと便利です。

保育士向けの転職サイトを利用する

保育士向け転職サイトでは、一般的な求人情報誌や求人サイトだけでは得ることができない、実際に働いてみないとわからない細かな情報を得ることができます。

また保育園のみならず、認定こども園や企業内保育、学童など様々な施設の求人を用意していることがありますので、探す幅が広がるのも特徴です。

「BABY JOB」では専門スタッフが転職サポートを行っているので、在職中でも転職活動を進めることができます。小規模保育園の仕事紹介数は業界トップクラスで、専任スタッフへの相談も無料で受けることができます。円満退社の手続きなども幅広くサポート。サポートまでの流れはとっても簡単で、まずは無料登録を行いましょう。

自分にぴったりの職場でやりがいを感じながら働こう

自分にぴったりの職場でやりがいを感じながら働こう

保育士資格と経験を生かして活躍できる施設はたくさんあります。保育園や幼稚園だけではなく、いろいろな職場をチェックしておきましょう。

自分の生活リズムに合っているか、子育てと両立できるかなど、自分の中にある譲れない条件を明確にした上で仕事を探しましょう。保育の転職サイトを利用することで、希望にあったお仕事が見つけやすくなります。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年6月14日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.