働き方看護師は保育園で働けるの?仕事内容、メリット、働く際のコツ

看護師は保育園で働けるの?仕事内容、メリット、働く際のコツ

看護師が働く場所というと、医療機関や病棟勤務をイメージする人も多いかもしれません。

しかしそれ以外に幼稚園や保育園など、子どもたちが生活する保育施設でも看護師が求められているということはご存じですか?

特に保育園での業務では子どもたちと関わることができ、やりがいがあると注目を集めています。保育園に勤める看護師は、実際にどんな仕事をするのでしょうか。看護師が保育園や保育施設で行う仕事内容や働くメリット、働くときのコツをご紹介します。

看護師が保育園で働くときの仕事内容

看護師が保育園で働くときの仕事内容

看護師資格を持っている人は、病院だけでなく保育園でもその資格を活かして働くことができます。まずは、看護師が保育園で働く際の仕事内容について詳しく見ていきましょう。

看護業務

すべての保育園で看護師が必要なのかというと、実はそうではありません。厚生労働省の設置基準では、0歳児が9名以上いる場合に看護師の配置を義務としています。

保育園で行う看護師業務は、園児の健康管理に関するものが主な仕事です。大人の患者以上に子どもの様子をよく観察し、注意深く業務を行う必要があります。

具体的な仕事内容としては、乳幼児は検温によって体調管理を行います。乳幼児は自分で意思を伝えることが難しいため、日々の検温のデータをよく観察することが必要です。

また、保育中にケガをしてしまった園児への応急処置などを行います。アレルギーを持っている子どもに対しては保護者と相談しながら対応し、薬を飲む必要がある場合は投薬も行います。

さらに、保育園で行う身体測定や健康診断、歯科検診の補助なども看護師の大事な仕事です。

その他にも、保育園勤務の看護師の業務は多岐にわたります。手洗い・うがいの日常的な指導の他、保健指導や保健行事の告知などを行う「保健だより」の作成など、衛生指導や事務仕事も行います。

子どもへの看護業務以外に、保護者の相談にも応じることもあるでしょう。保護者は子どもが病気になったときはもちろん、成長段階の子どもの発達に不安に感じるケースも少なくありません。

そんなとき、子どもが通う園に看護師がいて、いつでも相談できるという環境は大きな安心につながるものです。

このようにひとつずつ見ていくと、保育園における看護師の業務や役割は多岐にわたることが分かります。

しかし、これらの業務をすべて1人で行うわけではないので安心してください。保育園全体を管理する園長と主任、そして保育を担当する職員と連携しながら仕事を進めていきます。

保育業務

看護師の仕事は看護業務だけでなく、勤務する園によっては保育士のサポートも行います。

「保育士の資格を持っていなくても大丈夫?」と思うかもしれませんが、保育士の指示に従いアドバイスを受けながら進めていくので心配いりません。

保育園の生活では、お散歩や外遊びなど、子どもたちと一緒に遊びに参加することもあるでしょう。これらは一見看護業務とは無関係に思えますが、長い目で見れば子どもひとりひとりの健康を守ることができると言えます。

子どもと一緒に遊ぶことで、それぞれの体調や体力を把握しやすくなります。健康状態が把握できていれば、緊急時の大事な判断材料になるでしょう。

保育業務と看護業務は、子どもの健康にとってどちらも欠かせないもの。子どもとお散歩に行くのも外遊びをするのも、大事な仕事のひとつです。

運動会や発表会などの行事は子どもの成長を親に伝えるチャンスになるので、保育士と連携して計画から準備を行い、保護者と共に成長を共有します。

大きなイベントの後は達成感が得られますし、何より子どもたちの成長を共有できることが大きなやりがいにつながるのです。

看護師が保育園で働くメリット

看護師が保育園で働くメリット

保育園での看護師業務が医療機関と大きく違うのは、子どもの成長を近くで感じられることでしょう。その他にも看護師が保育園で働く上でのメリットが多々あります。

第一のメリットは、専門知識を活かして園児の成長をサポートできるという点です。保育園での仕事は、子どもたちと触れ合いながら働くことができるので、子どもが好きな人は医療機関とは違ったやりがいを感じることができます。

保育園では、看護師は基本的に1人で業務を行うため責任がありますが、工夫次第で子どもの健康に大きく貢献することができます。例えばポスターの貼り方によって手洗いやうがいの意識を向上できたり、子どもに食生活を意識させたりできるでしょう。保育士に対しても、看護師としての知識があるからこそ健康に関するたしかなアドバイスができます。

また、医療機関における勤務体制の悩みを解決できるメリットも。

病棟では夜勤や残業、そしてイレギュラーな勤務が多く、休みが取りづらいのに対して、保育園は勤務時間が明確で休みを取りやすいというメリットがあります。

病院勤務と比較して、勤務体制が安定しているため、仕事と家庭を両立したいと考えている人にもおすすめです。

看護師が保育園で働くときのコツ

看護師が保育園で働くときのコツ

保育園での仕事にはメリットがたくさんありますが、保育施設という特性上、気を付けなければいけないポイントもあります。看護師が保育園で働くときのコツについて見ていきましょう。

乳幼児がかかりやすい病状について確認しておく

保育園では、看護師は1名で勤務するのが一般的です。そのため、事故やケガなどの場面では医療的な判断を任されることもあります。緊急時にすぐ対応できるよう、園児の年齢に応じた適切な対処法を把握しておく必要があります。

さらに保育園は集団生活なので、感染症の発生に最新の注意を払わなければいけません。発症状況の確認や予防など、乳幼児期に多い疾患の把握と保育士への注意啓発を行います。

いつどこで何が起きても対処できるよう、乳幼児が起こしやすいケガや感染症の対処法などを明確化して、定期的に保育士や子どもたちに指導を行い、予防にも努めます。看護師が1人であるため業務はたくさんありますが、だからこそ看護師の知識や経験を活かせる職場と言えるでしょう。

保育の現場で役立つスキルや特技を身につける

保育園での看護師業務では保育士のサポートも行うことから、絵本の読み聞かせや工作、ピアノ、リトミックなどを身につけておくと、さらに仕事を進めやすくなります。これは子どもとの信頼関係を作るために大事なスキルなので、保育士からも教わるなどして積極的に取り組むといいでしょう。

また、保育園では家庭での子育ての経験も活かすことができます。看護師の資格を持ち、なおかつ子育て経験があればさらに望ましいです。

保育園は看護師の知識と経験が活かせる職場

保育園は看護師の知識と経験が活かせる職場

保育園に勤務する看護師は、医療機関と働き方は異なりますが、看護師資格を活かしながら保育についても学ぶことができる職場です。

子どもたちの笑顔に囲まれて、子どもの成長を近くで感じてみてはいかがでしょうか。転職を考えている人は、保育園への転職を選択肢のひとつとして考えてみましょう。

保育士の求人サイトでも、看護師の求人を募集しているところがあります。

保育園で働きたい看護師は、そういった求人サイトをチェックしてみるといいでしょう。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年6月26日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.