働き方院内保育の特徴とは?病院で働くメリットと求人情報の探し方

院内保育の特徴とは?病院で働くメリットと求人情報の探し方

現在、少子化対策や待機児童問題を解消しようという流れがあり、保育施設は利用する保護者のニーズに合わせ多様化してきています。

そんな中、院内保育所というものがあるのをご存知ですか?

最近では認可保育園や認定こども園の他に、院内保育所にも注目が集まっています。その中身とメリットについて紹介します。

医療従事者の子育てをサポートする院内保育とは?

医療従事者の子育てをサポートする院内保育とは?

院内保育とは文字通り、病院の中にある保育施設を指します。主に医療に従事しているスタッフの子育てをサポートする施設ですが、その実態については意外と知られていないのではないでしょうか。

院内保育とはどのような保育施設なのか、概要や特徴について詳しくご紹介します。

院内保育所とは

院内保育所とは、医師や看護師などの医療施設で働く職員の子どもを預かる保育施設です。医療に携わっている人は、緊急時の対応などがありシフト通りに仕事が進まないこともしばしばあるでしょう。このような医療従事者は子どもを預かってもらえる場所がなく、時には仕事を辞めざるを得なくなってしまうという問題が深刻化していました。

そんな医療従事者の問題を解決すべく、院内保育所が注目を集めています。保育時間を拡大した院内保育所や、24時間受付可能な施設の設置に向けて、厚生労働省が補助金を交付するなどの取り組みも行っています。

夜間保育の対応は医療関係者にとって大きな安心材料のひとつでしょう。緊急時でも職員が安心して働ける環境が整備されたことから、医療従事者の離職を防止する効果も期待されているのです。

院内保育の特徴

院内保育所はほとんどの施設が24時間体制で運営されており、医療従事者の仕事をサポートしています。職員は1日8時間勤務をベースに、二交代制や三交代制のシフトを組んで保育にあたります。深夜や早朝の勤務もありますが、利用する園児は日中よりも少なく、落ち着いた空気が流れる施設が多いと言われています。

24時間体制でない院内保育もあり、その場合は認可保育園などと同様に延長保育があります。

保護者それぞれの出退勤時間に合わせて個別に登園時間・降園時間が異なるため、園児への対応も柔軟に行います。夕食を院内保育所で食べることもありますし、保護者が夜勤の場合、子どもは寝てお迎えを待つということも。

自治体が運営する保育園は年齢によってクラス分けされるのに対し、院内保育所は小規模であることが多く、クラス分けがないことがほとんどです。子どもはアットホームな雰囲気の中で過ごすことができると言えるでしょう。

また、院内保育では受け入れ時間の拡大を優先させるため、一般的に行事やイベントは行われません。

院内保育で働くメリット

院内保育で働くメリット

院内保育所はアットホームな雰囲気の中で働けるという点が大きな魅力ですが、それ以外にも選ばれるメリットがあるのです。

収入や待遇面の満足度が高い

院内保育所は保護者の就労に合わせて設置されていることから、24時間体制で子どもを保育します。交代で夜勤も担当する際は夜勤手当がつくことが多く、一般的な保育士と比べて給与が高い傾向にあるというメリットがあります。

しかし、夜勤終了後は終電が終わっていることが多く、帰宅できないのではないかという不安もありますよね。そんな保育士のために、社員寮を設置するケースも増えています。このように院内保育所には、福利厚生が充実しているところが多いといった特徴があります。

病院で働く間に子どもを見守ってくれる保育士の環境が整備されているという点は、保護者にとっても大きな安心につながるのではないでしょうか。

丁寧に保育しやすい

院内保育所を利用できる対象は病院の関係者に限られるため、一人ひとりの園児・保護者とじっくり関わることができるという特徴もあります。

たくさんの子どもたちと関わる保育園もやりがいがありますが、院内保育所では行事を行わないことなどもあり、気持ちに余裕をもって子どもたちに接することができるのです。

その他、夜勤の場合は子どもたちを寝かしつけて見守るということが主な業務なので、手がかかりにくいというメリットもあります。

保護者との連携が取りやすい

院内保育所は保護者の勤務先である病院内に設置されているため、保護者との距離が近いという特徴があります。子ども・保護者にとってたくさんのメリットがあるのです。

まず、保護者の希望を取り入れたサポートを手厚く行えるため、信頼関係を築きやすいという点です。医療関係者ならではの不規則な勤務体制にも柔軟に対応でき、保護者も遠慮せず希望を申し入れることができます。

また、子どもの急な発熱やケガなどの際も連絡が取りやすく、必要に応じて病院内と連携することも可能です。

院内保育の求人情報の探し方

院内保育の求人情報の探し方

医療従事者にとって、院内保育所を利用するとさまざまなメリットがあるということが分かりました。院内保育所で働く保育士は、このような人をサポートするというやりがいを感じることができるのです。では、実際にどのように求人情報を集めればいいのかご紹介します。

求人情報サイトで探す

院内保育所の求人を探すなら、保育士の情報に特化した求人サイトをチェックするのがおすすめです。

院内保育所といっても、病院の特徴や園児の定員などは施設によってさまざま。現在はインターネットで簡単に求人が検索できますが、求人情報があり過ぎてどれに応募すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、漠然と求人を探すのではなく、保育士求人に特化したサイト利用をおすすめします。

保育士求人に特化したサイトは、専任のスタッフが希望にあったお仕事を紹介してくれますので、院内保育所の求人情報をいち早くゲットできるでしょう。

ぜひ活用ください。

ハローワークに行く

院内保育所の求人を探すなら、ハローワークに行くという方法もあります。最初に求職申込書に必要事項を記載し登録した後、気になる求人があればハローワークの職員に紹介状を書いてもらい、応募します。

応募した後は面接の日程調整などを自分で行い、就職活動を進めていきます。この際、求人を見つけて問い合わせをしても、すでに応募を締め切っているというケースもあるため注意が必要です。

院内保育所への就職を希望するなら求人情報サイトを活用しよう

院内保育所への就職を希望するなら求人情報サイトを活用しよう

院内保育所は小規模でアットホームな雰囲気が特徴です。一人ひとりの園児・保護者とじっくり関わることができ、一般的な保育園と比べて待遇も良いと言えるでしょう。

一般的な保育園と異なり、24時間体制だったり、医療従事者の子どものみを預かったりと色々特殊なところがありますが、子どもの世話をして成長を見守るという点では一般的な保育士と同じです。

保育士として活躍したい人は、院内保育所で働くということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年6月28日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.