働き方保育士の勤務時間の実態|長時間労働を避けるためにできることとは?

保育士の勤務時間の実態|長時間労働を避けるためにできることとは?

保育士は「サービス残業をして当たり前」というような風潮も昔から強く、それが未だに残っている園もあります。運動会やお遊戯会などの行事が近づくと、1日8時間以上働く保育士も実際にはまだまだいるでしょう。

では、そうした長時間労働の環境を改善していくにはどのようなことが大切なのでしょうか?保育士の勤務時間の特徴を踏まえて、長時間労働を避けるために一人ひとりができる対策をご紹介します。

保育士の勤務時間の特徴

保育士の勤務時間の特徴

一般的な正職員の仕事だと1日8時間勤務が標準的ですが、保育士はそれ以上働いている人が多いと言われています。なぜそのような問題が起きているのでしょうか?

保育士の勤務時間の例

保育士の労働時間は就職時の契約であらかじめ定められているものの、保育士不足の昨今、実働時間がむしろ増えている場合も見られます。

不在の職員の穴埋めで、早番の勤務だった保育士が、中番・遅番まで残ることもあります。また保育時間外で研修の時間を設けられることもあります。

子どもが保育中に怪我をした場合は、連絡帳だけの謝罪で済ますことができないので、迎えが来るまで残り、保護者に謝るケースもあるでしょう。

また大規模保育園ですと、職員の数も合わせて増えるため、複雑なシフト形態となり、4〜7交代制の勤務をしなくてはならないこともあります。

ただ、勤務している保育園(保育施設)によっては早朝保育や夜間保育は「特殊業務手当」が付与されることがあります。

とはいえ最近では、交替勤務制でライフとワークのバランスが崩れるのを懸念して、固定勤務(コアタイム)を希望する保育士も増えています。

幼稚園教諭の勤務時間との違い

保育士と幼稚園教諭は仕事内容が異なるのはもちろんですが、「交替勤務制」か「固定勤務制」かという点も、実は大きな違いとして挙げることができます。幼稚園は、子どもの登園・降園(大体が9:00頃から14:00頃)が決まっているので、コアタイムで働ける場所がほとんどです。

ただし最近では「早朝預かり保育」や「延長預かり保育」を行う園もあるので、コアタイム勤務にもずれが少しあるかもしれません。また、幼稚園であってもこなさなくてはならない仕事は多く、子どもが帰った後に、書類の作成や翌日の活動の準備などをしています。

そうした業務のために、一部では夜遅くまで残業をしているところもまだあると言われています。

保育士の平均的な休憩時間

保育士の平均的な休憩時間

運営法人によって、休憩時間の定め方やとり方は様々。中には休憩時間を使って事務作業をするところもまだあり、実際に休憩がしっかりと確保されているとは言い難いのも現状です。

法律における休憩時間の定義

労働基準法第34条で定められている法律によれば、1日の労働8時間に対して1時間の休憩を取る必要があります。そして、その休憩時間中には労働から離れることが、労働者の権利として保障されています。

保育士の休憩時間の取得状況

実際には保育士不足や勤務形態の関係上、1時間しっかりと休息できている保育園は多くないかもしれません。保護者対応、後輩の指導や相談、連絡帳・書類の作成が気になって、上司からは休むように言われてもなかなか勤務から抜けることができない場合もあるでしょう。

また「1時間の休み」を謳っていても、子どもたちとの食事時間が休憩とみなされている職場もあります。清掃や準備、職員会議や反省会などがこの休憩時間にあてがわれることもあり、本来の意味での休息が全くとれていない保育士も現実には存在します。

しかし休憩時間はとても大切です。保育士という仕事は常に子どもの動きを気にかけ、変化がないかアンテナを張り巡らせる必要があります。子どもと離れた環境での休息をしっかり取れるのとそうでないのとでは、保育中の集中力も変わってくるのです。

保育士の残業時間と長時間労働を避ける方法

保育士の残業時間と長時間労働を避ける方法

保育園の求人票だけではわからない長時間労働の要因には、上で述べた休憩時間とは別にもう一つ、残業が考えられます。これはどのように発生するのでしょうか。そして働く上ではどうやって気をつけたら良いのでしょうか?

保育士の残業時間の例

保育士の残業は、「行事」の前後と、保育園の繁忙期といわれる「年度の変わり目(3〜4月)」に発生しやすくなります。

大きな行事である運動会・発表会の準備の時期は残業も長くなりがちです。

また3月になると年度末の書類をまとめたり、年長の担任であれば児童要録(小学校に提出する書類)の作成が必要になったりします。その場合保育園の開園時間だけでは終わらず、休日出勤をせざるを得ないケースもあります。

中には日常的な制作物や、研修・実習などによって負担が重なり、残業自体が常態化してしまっている園もあります。

これらに伴う時間外労働に対して手当を支払わず、「サービス残業」になっていることがあるため、いま保育業界全体で問題視されています。

長時間労働を避けるための対策

では、避けるための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?

今から就職を考える場合、一番は応募の際にしっかりと情報を集め、休憩の確保や時間外労働の短縮への取り組みがなされている園で働くことです。保育士不足が問題になっていますが、だからこそ労働環境の整備に熱心なところも増えており、休みがしっかりと取れるような人数配置にもなっている園も出てきています。

現在勤めている園の労働環境が悪いのであれば、同僚や上司、園長に相談し、制度や一つひとつの業務を見直していく以外に方法はありません。

労働改善が進んでいる他園の事情を知らないがために、「このままで仕方がない」と考えている場合もあります。ただし、園の風土として「どうしたら改善できそうか」を考えてもらえそうにないのであれば、転職を考えるのも自身の身を守る上では大切です。

そうした際に、保育する子どもの人数の少ない「小規模保育園」で働く選択肢も、一つ視野に入れてもいいかもしれません。0〜2歳児を預かる小規模保育園は行事の規模や回数も少なく、最近設立されたばかりなので、そもそも勤務時間内で終わるように最初から工夫されている場合が多くあります。

また、事業所内保育施設や院内保育園も行事などは少ない傾向にあり、さらに運営母体が子育て支援に力を入れている場合は、保育士にとってかなり働きやすい環境になっていることもあります。

働き方の面で見ると、あえて正職員という選択をしない方法もあります。たとえばパート職員や派遣保育士だと事務作業などが免除されるところも多く、「とにかく子どもと過ごしたい!」という人が働いているケースも近年は多く見られます。

ここまで書いたような情報を具体的に集めるには、人に聞くのはもちろん、求人サイトなどで自ら調べることも大切になります。

自分のワークライフバランスに合わせた働き方を

子どもたちと向き合い、常に神経を張っている保育士という仕事。だからこそ、保育から離れた場所でしっかりとした休憩を取ることも重要です。

保育士がリフレッシュすることは子どもにとっても良いことです。まずは自分の理想のライフとワークのバランスを考え、どのような働き方をしたいのかを定めましょう。

これまで述べた長時間労働が原因で、保育士の離職率が高まっていることも、近年特に問題視されています。ですが、改善されている保育現場も増えているのも事実。気になる園があれば、働く保育士さんたちに実際聞いてみるといいでしょう。自分で保育園に出向き、どのような働き方をしているのかを目で見て確認することも重要です。

どうしても先方に自分で言いづらいとことは、転職サイトのキャリアアドバイザーに代わりに聞いてもらうのも良いかもしれません。

大切なのは、妥協せず吟味すること。複数の園を比べるのは、悪いことではありません。

自分にあった職場をつくる、あるいは職場に出会うために、まずはしっかりと情報を集めることから始めましょう。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年8月14日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.