働き方保育士がキャリアアップできる方法

保育士がキャリアアップできる方法

業務に見合う待遇が得られない、給料が低い、キャリアプランがイメージできない。

これらは保育士が離職する主な理由です。この離職がどんどん続いていくので、慢性的な保育士不足に繋がってしまいます。

しかし近年、国による保育士の処遇改善への取り組みが進み、給料も上がっています。

ではどのような処遇改善が行われているのでしょうか。その内容について紹介します。

保育士の役職とは?

保育士の役職とは?

保育士には様々な役職がついています。その役職につくことで待遇が良くなることも。

どのような役職があるのか紹介します。

施設長、園長

保育園(保育施設)の運営・経営の責任者であり、保育士の指導・監督、資金調達などの統括を行うのが役割です。最低でも10年以上のキャリアが必要とされ、保育に関する専門性とマネジメント能力が求められます。

管理職、主任保育士

園長など経営職の補佐、研修企画・実施、園児の家庭状況の把握、会計、行政機関との連携、組織強化、リーダー育成など組織全体のマネジメントが役割です。現場を統括するマネジメント能力と経営者をサポートする経営知識も必要です。

リーダー職

クラス業務の統括、メンバー間の信頼関係の構築、園児の家庭状況の把握、園長や上長の補佐と支援、保育指導計画の立案・評価、担任・初任者の指導・育成などが役割。メンバーをまとめていくリーダーシップと管理職候補としてのマネジメントスキルが求められます。

各担任

日常保育業務、主任やリーダーの補佐、園児の家庭状況の把握、保育指導計画の立案や評価、クラスの運営などが役割。将来のキャリアアップを図るためには保育士の役職を高めていくのが基本となります。資格取得や行政による研修を受講していく必要があります。

待遇が良くなる?キャリアアップの方法

待遇が良くなる?キャリアアップの方法

役職につくことで待遇がよくありますが、それ以外の方法でもキャリアアップすることができます。

どのような方法でアップできるのか紹介します。

保育士の仕事に活用できる資格を取得する

絵本専門士、リトミック指導員、こども環境管理士ほか、キャリアアップに役立つ国家資格や民間資格がたくさんあります。

資格取得で専門性を獲得し、日々の業務において磨き上げていくことがスキルとなり、転職・キャリアチェンジなども含めた将来の選択肢も広がるのです。

資格を取得することで特別手当が出されることがあります。

保育士のキャリアアップ研修に参加する

厚生労働省により「保育士キャリアアップ研修」が設定されています。

目指す役職に応じた研修を受講し修了すると、修了証が発行され、キャリアアップや転職に活用できます。

保育士の処遇改善が期待できるキャリアアップ研修とは?

保育士の処遇改善が期待できるキャリアアップ研修とは?

厚生労働省が設定した保育士キャリアアップ研修。受講するだけで待遇がよくあるのですが、その内容とはどんなものでしょうか。

保育士等キャリアアップ研修に関する基礎知識

キャリアアップ研修とは保育士の待遇向上と専門性の強化に向け、厚生労働省より定められた研修制度で、研修実施機関が各都道府県に置かれています。

実施要件を満たして所定の研修を受け、技能を習得することにより、キャリアアップが可能になる仕組みです。

研修内容は大きく8分野に分かれており、乳児保育、幼児教育、障害児保育、食育とアレルギー、保健衛生と安全対策、保護者支援と子育て支援、保育実践、マネジメントなどが指定されています。

研修はそれぞれ分野別に受講します。このうち保育実践は保育現場で保育を行っていない潜在保育士も対象に含まれています。

保育士は一般企業などに比べると役職自体が少なく、勤務先の人員構成などの事情により昇進の機会も制限され処遇も受けられないことが多くありました。そこで管理職の受け皿を増やすために「職務分野別リーダー・専門リーダー・副主任保育士」の3つの役職が新設されました。

新設された役職と処遇内容

■副主任保育士
月額4万円の処遇改善予定
園長・主任を除く保育士の約1/3が対象
経験年数概ね7年以上、職務分野別リーダーを経験
マネジメントに加えて3つ以上、合計4分野以上の研修を修了

■専門リーダー
月額4万円の処遇改善予定
園長・主任を除く保育士の約1/3が対象
経験年数概ね7年以上
職務分野別リーダーを経験
4つ以上の分野の研修を修了

■職務分野別リーダー
月額5千円の処遇改善予定
園長・主任を除く保育士の約1/5が対象
経験年数は概ね3年以上
担当する職務分野研修を修了

保育士等キャリアアップ研修の注意点

手当は国から園にまとめて支給され、手当の分配は研修を受講した人の中で一定数には必ず支給されます。

ただし、一定数以外は園に分配方法が一任されるため、研修参加者全員が必ず受給できるとは限りません。あらかじめ、確認しておきましょう。

保育士として「長期的なキャリアデザイン」が可能な時代へ

資格取得で専門性を高めスキルアップ。研修修了で昇進も可能となり、キャリアアップしやすい環境が整ってきています。

キャリアアップすることで今よりももっといい役職につくことも可能になり、働く上でのモチベーションも上昇することでしょう。

子どもや保護者のトラブルだけでなく、日々一緒に働いているからこそ保育士同士でトラブルが起こることも考えられます。大人同士の関係が悪化すると、大人は隠しているつもりでも子どもたちは敏感に感じ取り、クラスの雰囲気が悪化してしまう結果にもなりかねません。

また、クラスの様子を聞いた保護者からの不信感やクレームにつながることも考えられます。

幼保連携型認定こども園の設置件数の急増、グローバル保育の普及など保育は多様化しています。そうした変化に伴い、保育士には多彩なスキルが求められるようになり活躍の場が広がっています

ようやく保育士が長期的なキャリアビジョンを描いていける時代が到来したと言えるでしょう。

深刻化の一途を辿っていた待機児童問題の根本要因であった慢性的な保育士不足の問題も、保育士が明確なキャリアビジョンを持てるようになったことで解決の方向に向かうと思われます。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年8月19日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.