働き方スキルアップを目指せ!保育士のおすすめ資格と研修

スキルアップを目指せ!保育士のおすすめ資格と研修

保育士は保育士資格を保有していれば誰もがなれるお仕事です。

もちろんその資格だけでも良いのですが、他にも保育士向けの資格というものがあります。これらを取得することでキャリアップに繋がり、待遇が良くなることも。また、参加するだけで待遇が良くなる研修も最近では用意されています。

給与が少し低い保育士。待遇を良くするために、資格を取得してみたり、研修に参加してみてはいかがでしょうか。 その内容について紹介します。

スキルアップに繋がるキャリアアップ研修

スキルアップに繋がるキャリアアップ研修

2017年に「技能・経験に応じた保育士の処遇改善」の取り組みが始まりました。これにより3つの役職が新設され、それぞれの役職についている人は待遇が良くなるようになりました。

従来、保育士がスキルアップを図るのは少し難しかったのですが、厚生労働省が定めた「保育士等キャリアアップ研修」により、キャリアアップが明確になるようになりました。

この研修は保育現場におけるリーダー的職員の育成に必要な専門性の向上を図ることを目的としています。

職務分野別リーダー、専門リーダー、副主任保育士の3つの役職が新設され、研修を受けることで職務分野別リーダーには月額5000円、専門リーダー・副主任保育士には月額4万円の手当による処遇が受けられます。

キャリアを積むことは、保育士としての実力と実績があることを明確に示すことになりますので、保護者からすれば信頼のおける保育士として認識されるでしょう。

よりよく仕事をするためにも、キャリアアップ研修を受けることはとても大切だと言えます。

保育士のスキルアップに役立つ可能性のある資格10選

保育士のスキルアップに役立つ可能性のある資格10選

キャリアアップ研修以外にも、資格を取得することでキャリアアップに繋がることがあります。

取得しておくと仕事の幅が広がり、様々な仕事を任せられるようになります。そうすることでより保育の視野が広がり、スキルが向上していくのです。

保育士が取得しておくべき資格にはどのようなものがあるのでしょうか。紹介します。

絵本専門士

特定非営利活動法人リトミック研究センターが認定する資格。

リトミックとは「ダンス・歌・リズム体操などのレッスンを通じて子どもの協調性・集中力を育み潜在的な能力を高める」という教育のことです。資格取得には認定元が指定する音楽学校・カルチャースクールなどの養成校にて指定カリキュラムの修了が必要です。

リトミック指導員

特定非営利活動法人リトミック研究センターが認定する資格。

リトミックとは「ダンス・歌・リズム体操などのレッスンを通じて子どもの協調性・集中力を育み潜在的な能力を高める」という教育のことです。資格取得には認定元が指定する音楽学校・カルチャースクールなどの養成校にて指定カリキュラムの修了が必要です。

こども環境管理士

公益財団法人 日本生態系協会が認定する資格です。

1級資格と2級資格があり、1級資格受験には「保育園や幼稚園での実務経験3年以上」が求められますが、2級資格は誰でも受験することが可能です。自然と触れ合える環境づくりを実践できる保育者を目指せる資格として人気の高い資格です。

認定病児保育スペシャリスト

一般財団法人 日本病児保育協会が認定する資格です。

子どもの突発的な体調不良時に、親に代わって適切なケアと保育を行うための知識を身に付けられます。高卒以上・満18歳以上であれば誰でも受験可能です。

全13回のWeb講座を受講し、一次試験に合格、その後、24時間以上の病児教育実習を行い、最終認定試験に合格する必要があります。

運動保育士

特定非営利活動法人 運動保育士会が認定する資格です。

体を動かすことで子どもの運動能力を向上させる方法や脳の活性化に関する知識について学び、心身ともに健やかな子どもを育てるプロであることを証明します。

運動保育士には「運動遊び実践コース」と「子育て脳機能コース」の2つのコースがあり、それぞれ初級・中級・上級があります。短いもので半日、長いもので4日間の講座受講で取得が可能です。保育士としてのキャリアアップのためには両コースの上級を取得することをおすすめします。

幼児教育・保育英語検定

一般社団法人 幼児教育・保育英語検定協会が認定する資格。

グローバル保育を行う園の増加とともに、特に人気が高まってきた資格です。

4級、3級、2級、準1級、1級のレベルに分かれており、合格率はトータルで40~50%と言われています。幼少期の英語教育の重要性に注目が集まる中、持っておくべき資格の一つと言えるでしょう。

ベビーサイン講師

一般社団法人 日本ベビーサイン協会が認定する資格。

ベビーサインとはまだ言葉を話せない乳幼児と、手話・ジェスチャーを使ってコミュケーションを行う育児手法のことで、ベビーサイン講師はイベント、教室などにおいてその指導を行います。

資格は6日間の講師育成プログラム受講後に試験に合格することで取得できます。まだ話せない赤ちゃんの保育において、とても有効な資格と言えます。

おもちゃコンサルタント

認定NPO法人 芸術と遊び創造協会が認定する資格です。

国内外のおもちゃに精通し、子どもに優良なおもちゃや遊びを届ける保育者を目指せるものであり、日本において唯一の総合的なおもちゃ資格です。

講座にておもちゃ学・おもちゃ遊び検証・おもちゃの人間社会学などのカリキュラムを通学で4~5ヵ月、通信で6ヵ月受講することで取得できます。

保育カウンセラー

公益社団法人 全国私立保育園連盟が認定する資格です。

保育カウンセリングの理論と技法を活かし、日常の保育、施設運営、子育て支援などを一層充実させるための知識を身に付けられ、保育園の管理職となるための登竜門的資格と言えます。保育カウンセラー養成講座ステップ1・2・3をすべて受講後に認定レポートと課題を提出、申請して審査に合格すれば認定を受けることができます。

チャイルドマインダー

イギリス発祥の民間資格で、日本では異なる複数の団体が認定しています。

主に少人数保育で、家庭的な保育の技術を身に付けられます。現役保育士・幼稚園教諭向けに専用の通信講座が開講されており、修了までの目安はおよそ3~6ヵ月となっています。

スキルアップでどんなことにも対応できる保育士へ

スキルアップでどんなことにも対応できる保育士へ

保育士はなかなかキャリアアップがしづらいと言われてきました。以前は働いている経験年数で待遇が変わるような形でしたので、数年しか働いていない場合は待遇が良くないケースが多かったのです。

そのため、待遇の良い仕事を求めて保育士を辞める人が増え、保育士の人材不足が問題となってきました。

そこでキャリアアップ研修や資格が活かされます。

一つでも多くの資格を取得すること、研修を受けることで待遇が良くなり、仕事の幅も広がります。保育士としてのやりがいも見えてくるでしょう。

ぜひ数々の資格を取得し、キャリアアップ研修を受けるなどして、保育士としてのスキルを向上しましょう。

BABY JOBとは

BABY JOB」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年9月2日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方 保育士の主な転職理由とは?採用担当者に好印象を与えやすい伝え方
保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい 保育士の苦労とは?重い責任の代わりに得られる大きな魅力とやりがい
保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法 保育士の退職理由とは?上手に退職を伝えて円満に辞める方法
保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント 保育士に多い悩みとは?子どもや保護者と上手に付き合うポイント
保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴 保育士になるには?仕事内容と向いている人の特徴

ページ上部へ

Copyright©BABYJOB株式会社 All Rights Reserved.