働き方保育士の平均給料とは?待遇アップの方法も教えます

保育士の平均給料とは?待遇アップの方法も教えます

最近、テレビや新聞などでも、保育士について、取り上げられることが増えてきました。「保育士不足」の問題にスポットが当たるようになり、その仕事の価値を見直していく動きも生まれ始めています。

そうした中でも、実際に保育士の待遇、もっといえば「得られる月々の収入」が改善されつつあることは大きな変化といえるでしょう。

自治体や園もここ数年、競うように給料の底上げに取り組んでいます。こうした情報は、保育士として働くならば知っておきたいポイントです。

一方で、同じ保育士の中でも、もらえる賃金には差があります。

どのようにして差が生まれるのか、その要因と待遇のアップにつながる方法について紹介します。

保育士の給料事情

保育士の給料事情

現在の保育士の給料はどのような状況なのか、他業種と比較しながらご紹介します。

平均給料について

従業員数が10人以上の保育園で働く保育士の全国平均は、月収(きまって支給する現金給与額)が23万9300円、賞与(年間賞与その他特別給与額)が70万7700円。合わせた推定年収は、357万9300円となります。

平成29年の同じ調査では、月収は22万9900円、賞与が66万2500円、推定年収が342万1300円。つまり、この1年で平均年収は15万8000円アップしていることが分かります。

※ 税金や年金などの保険料が引かれる前の金額なので、手取り額ではありません

他の職業と比較してみると…

同じように子どもの面倒を見る幼稚園教諭はどうでしょうか。

平成30年の調査では、月収が24万1300円、賞与が70万6100円、推定年収は360万1700円となっています。保育士より少し高いですが、ほぼ同程度といえるでしょう。

医療職である看護師は、これらより高い給与水準です。月収で33万1900円、賞与で81万6500円、推定年収は479万9300円。准看護師でも、月収28万200円、賞与65万7700円、推定年収402万100円となり、まだ保育士とは開きをみせています。

一方、栄養士をみると、月収が23万9600円、賞与が58万6000円、推定年収は346万1200円。保育士の処遇改善により、平成30年度では保育士を下回る結果となりました。

とはいえ、やはり平均値は他の業種に比べると低いままです。

【関連記事】保育士の平均的な手取り給料はいくら?処遇改善の事情

保育士の給料で差が付くポイント

保育士の給料で差が付くポイント

保育士の推定年収がおおよそ357万9300円と記載しましたが、実際は一人ひとりに差があり、357万円以上の年収の人もいます。

なぜこのような差が生まれるのでしょうか。大まかに3つのポイントがあります。

勤務年数、役職

一般的に、保育士としての勤務年数が多いほど基本給が上がりやすくなります。

これに加えて、園長や主任など一定の役職に就くことで給料が増える場合もあります。

一般の保育士(常勤)の給料は、月平均で24万前後(平均勤続年数は8.8年)であるのに対し、主任保育士となると平均39万7212円(勤続19.6年)で、約13万5000円の差があります。さらに園長は52万8826円(勤続23.1年)が平均となっており、一般保育士のほぼ倍となっています。

※この平均給与月額には、月々の給料に加えて、賞与(ボーナス)を12ヶ月で割った金額が含まれています

保育士が待遇アップを目指すには

出典:内閣府『平成29年度 幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査 集計結果について』p.6

勤務地域

園が置かれた地域によっても、給料には差が生まれます。

これは、各都道府県や市区町村から園に支給されるさまざまな「補助金」の額に差が生じているためです。また、各都道府県で設定されている「最低賃金」の違いも影響しています。

実際には、人口が多い地域ほど給料面が充実している傾向にあります。保育園(保育施設)の数が多く、保育士不足が問題になりやすいからです。

責任ある仕事内容に見合わない賃金の低さは、これまで保育士の離職率を高めてきた1つの原因とも考えられています。特に近年は、園が保育士を確保しやすいよう、自治体としても給料を上げるための補助金を多く支給する場合がみられます。

保育園の運営母体

給料は、同じ地域、同じ正規雇用でも、園の運営母体によって変わります。

公立保育園であれば、運営は市区町村などの自治体が行っています。公立保育士は「地方公務員」の扱いになり、年齢と勤続年数に比例して昇給していく場合が一般的です。

一方の私立保育園は、社会福祉法人・NPO法人・学校法人・企業が運営を行っています。給料の平均額や昇給のシステムは、これらの法人の経営判断で決まります。

職場によって異なる場合がほとんどですので、あまり待遇が良くない場合もあれば、労働時間を含めてしっかりした処遇をしている園もあるというのが実情です。

保育士が待遇アップを目指すには

保育士が待遇アップを目指すには

給料を考える際の勤続年数と役職・地域・運営母体という3つのポイントを紹介しました。

それ以外にも待遇アップする方法はいくつかあります。少しでも待遇を上げたいと思う人はぜひチェックしてください。

支援制度を活用する

各自治体ごとに「保育士等キャリアアップ研修」というものが行われています。

これは平成29年に厚生労働省が定めた、技能や経験を積んだ保育士の処遇改善を目的にした制度です。発足に伴い、それまでなかった「副主任保育士」「専門リーダー」「職務分野別リーダー」の役職が追加されています。

職務分野別リーダーは、3年以上の経験がある保育士が対象で、月額5000円の手当が支給されます。副主任保育士と専門リーダーは、7年以上の経験があり、職務分野別リーダーを経ている保育士が対象。支給される手当は、どちらも月額4万円です。

各手当は、保育園の実情に応じて柔軟な運用が認められており、職場によって支給額が異なることがあります。それでも給料がアップすることに変わりはありません。

【関連記事】技能・経験に応じて手当がもらえる?保育士の処遇改善制度とは

【関連記事】待遇アップ!保育士に役立つ資格とキャリアアップ研修制度

保育士向けの求人サイトを活用する

経験が足りなくて支援制度を活用できない、役職についていないから待遇が上がらないなどに当てはまる人は、基本給が今よりも高い場所に転職するのも考えものかもしれません。

保育士向けの求人サイトがありますので、様々な保育園を見ながら希望にあった職場を探すのもいいでしょう。

保育士向けの求人サイトは一般的な求人サイトと異なり、保育業界に特化しています。対応するスタッフも保育に関する知識と経験を持っていますので、転職に関する相談にも乗ってくれます。

待遇の良いところで働きたい。近いところで働きたい。福利厚生が充実しているところで働きたい。産休、育休が取れやすい所が良い。などなど、一人ひとりの希望は様々です。

一人で探すよりも求人サイトのスタッフと一緒に探したほうが効率がよく、希望の場所が見つかりやすいのが特徴です。

保育士として、長く働くために

保育士として、長く働くために

これまで長らく、保育士には明確なキャリアアップの道や、しっかりとした給与体系などは示されていませんでした。

子どもに関わる仕事がしたいという想いがあっても、子どもの世話、保護者の対応などなど忙しい仕事の数々に反して良い待遇が望めないなどの悩みを抱えている人も多いはずです。

ですが、今は自治体や運営法人が保育士が長く働けるような環境づくりに力を入れ始めています。

保育士の待遇が悪い、なんてことも過去の話になるかもしれません。

とはいえ、今すぐにでも今よりももっと待遇を良くしていきたいと思っている人は、制度の活用や転職などを考え、収入を良くしていきましょう。

保育士一人ひとりが「良い待遇」を求めて行動することは、保育園がより働きやすい場所となることにも繋がるでしょう。

ベビージョブとは

ベビージョブ」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年10月11日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~ 「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~
この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~ この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~
「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする” 「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする”
“目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3) “目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3)
“日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3) “日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3)
位置情報を取得できませんでした。
位置情報を利用できるようにするには、位置情報サービスをオンにしてください。