働き方パート保育士の仕事内容|メリット・デメリットと職場を探すポイント

パート保育士の仕事内容|メリット・デメリットと職場を探すポイント

子育てや家族の転勤などで保育士を一度は辞めたけれど、「また働き始めようかな」と考える方。あるいは保育士資格は持っているけれど、一度も園で働いたことがないという方。そんな方々が就職の際によく悩むのが、いきなり正職員として働くかどうかです。

正規ならではの魅力はありますが、一方で求められるものも大きくなります。ブランクがあったり、未経験だったりと就職に不安を感じる場合、「まずはパートタイムで働く」という選択肢は十分に考えることができます。

そこで今回はパートで働く保育士の仕事内容を見ながら、そのメリット・デメリットを比較していきます。自身に合った職場を探すときのポイントもご紹介しますので、自分がどういうスタイルで働きたいのか、記事を参考にしながら整理していきましょう。

パートで働く保育士の仕事内容

パートで働く保育士の仕事内容

保育士として働いたことがある人でも、パートで働く保育士がどのような仕事をしているのかは分からない場合もあります。実際の仕事はどういった内容でしょうか?

パート保育士とは

時給制で雇用される非正規職員の保育士がパート保育士です。全国の保育園(保育施設)に多く在籍しています。

待機児童問題などで保育士が不足している中、人手不足の現場を中心にパート保育士も幅広く募集されているのが現状です。実際に求人情報を見ると、パート求人やアルバイト、育休に入った保育士の代わりの期間限定の採用、さらには無資格でも働ける保育補助の求人もあります。

パート保育士の仕事内容

パート保育士の仕事は、正職員の保育士を補助する立場として、大きな責任の伴わないものが任されやすいと言えるでしょう。例えば掃除や主活動の準備、食事の片付け、正職員のサポートとしての事務作業などが挙げられます。

また一般的にシフト制で働くので、勤務時間は人によってさまざまです。フルタイムに近い働き方もある一方で、日中のみや早朝のみ、あるいは夜間保育を行っている園で、夜の時間帯にだけ働くケースもあります。

パート保育士として働くメリット・デメリット

パート保育士として働くメリット・デメリット

パートという選択肢の先には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。選んでから後悔しないためにも、応募する前に自分が思う働き方に合っているかを確認する必要があります。

メリット

  • 勤務時間の融通が利きやすい

    自身や家族のライフスタイルに合わせて働くことができるのはパート勤務の大きな魅力と言えます。「毎日フルタイムで働くのが大変」と考えている人にとって合うと感じやすいのではないでしょうか。

    配偶者の扶養控除の範囲内で働くこともできるため、家事や育児との両立のためにパート保育士を選ぶ人が多いようです。

  • 業務の負担や責任が少ない

    正規職員の補助として勤務するため、正規の保育士と比べて責任ある業務(クラス担任や行事の担当など)を任されることが少ないケースもあります。もちろん園によって状況は異なりますが、体力に自信がない人やブランクのある人でも働きやすい勤務形態と言えるでしょう。

デメリット

  • 仕事のやりがいを感じにくい可能性がある

    保育を補助する立場として、雑務が仕事の中心になることもしばしば。正規職員と比べて子どもや保護者と関わる機会が少ない職場もあるようです。

    こうした園の場合、正社員の保育士として働いた経験がある人などは、以前と比較してやりがいや成長を感じられず、辞めてしまうことも少なくはありません。

    一方で、パートであってもクラスの担任を正規職員と一緒に任せられるケースもあり、保育園ごとに事情は異なります。

  • 待遇に不満を感じる可能性がある

    基本的に、正職員ほどの給与を得ることはできません。昇給の見込みも低く、収入に満足できないという場合もあります。

    中には正規職員と同程度の仕事量を任される園もあり、やりがいを感じられても給与と見合わないと判断し転職を考えてしまうケースも見られます。

パート保育士の仕事を探すときのポイント

パート保育士の仕事を探すときのポイント

働き方の様々な側面を理解した上で、パート保育士での応募を決めたら、次は職場を探していきます。その際、どんなポイントを押さえておくとよいでしょうか?

希望の働き方をイメージする

求人情報をチェックする前に、自身の希望の働き方を明確にすることが大切です。

具体的な確認事項としては、まずは週に何日働けるか、勤務したい曜日や時間帯があります。勤務地などの希望もイメージしておくとよいでしょう。

さらにはどのような仕事内容だと長く働けそうか、理想的なケースと現実的に頑張れそうなラインの両方を考えておくのも大切です。「実際に働いてみたらイメージと違った…」とならないように、色々なケースを想定しておくといいかもしれません。

また子育て中での復帰を考える方は、家族の協力が不可欠です。自分だけで決めるのではなく、十分に話し合っておくといいでしょう。

正社員でもパートでも子育てしながら仕事をするのは大変なこと。働く前から家事などを分担しておくと、一日の流れもイメージしやすく、勤務開始後も協力を得られやすいといえます。

応募前に園の雰囲気をチェックする

園の雰囲気が自分に合うかどうかはしっかり見極めましょう。合わないと次第に職場に居づらさを感じ、長く働き続けるのが難しくなってしまいます。せっかく働き始めたのにすぐ辞めてしまうと、自信を失い、再就職への意欲が無くなってしまうこともあります。

ミスマッチを防ぐためにも、できる限り応募前に園を見学させてもらうことをおすすめします。今は多くの保育園が保育士不足に頭を悩ませており、応募後だとトントン拍子に話が進んでしまう場合もあるからです。

その際、職員同士の関係性、先生と子どもが接する様子など、自分が働きたいと思える環境かじっくりと観察し、疑問があれば積極的に質問してみましょう。職員を大切にしている園であれば丁寧に答えてくれるはずです。

保育士専門の求人サイトを活用する

実際に応募先の探し方は色々ありますが、保育士の求人情報を中心に取り扱う専門のサイトを利用するのがおすすめです。こうしたサイトにはさまざまな形態の保育施設の求人情報が掲載されています。

保育士資格を活かせるフィールドは、認可保育園だけでなく、認定こども園、企業内保育園、病院内保育園、託児所など様々あります。選択肢を幅広く持っておくとより自分に合った職場が見つかりやすいので、意識的に多くの情報に接するようにしましょう。

中には、専任スタッフが仕事探しをサポートしてくれるサービスもあります。

応募者の希望の条件をヒアリングし、合いそうな園を提案してくれたり、内定先との待遇や条件の交渉などまで対応してくれたりすることもあるので、自分で探すことに不安がある場合は一度相談してみるといいでしょう。

パート保育士を知ることで、自分らしい働き方を実現しよう

「パートで保育士として働こうかな」となんとなく考えていた人も、実際の仕事内容やメリット・デメリットについて詳しく知ることで、自分の希望条件など、具体的に考えるきっかけになったのではないでしょうか?

子育て中の方やフルタイムでの勤務が難しい方などは、パートタイムで働く選択肢は非常に魅力的です。一方でやりがいや待遇の問題など、受け止めなければならない現実があるのも確かです。

大切なのは、今の自分にとっての優先順位を明確にし、譲れない条件と妥協できる部分とを自分の中で持っておくこと。保育士の専門サイトなどを活用し、実際に見学などを行いながら、自分らしく働ける園を探してみてください。

ベビージョブとは

ベビージョブ」とは、小規模保育園を中心とした保育士・幼稚園教諭向けの求人情報を掲載、紹介しているサイトです。

グループ会社で保育園を運営している実績・経験を活かし、一人ひとりの希望に沿ったお仕事を探すお手伝いをいたします。

専任のスタッフが常に寄り添い、面接日程の調整や円満退社のための手続き、条件交渉などのサポートを行います。

保育園での就職、転職について相談したい方は、転職サポート登録にてぜひご登録をお願いいたします。

登録・お仕事探しはすべて無料です。

転職サポート登録はこちら

2019年10月18日
気に入ったらシェアしよう!
新着記事
「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~ 「チームでつくっていく」からできること。ブランクを経て、今だから思う仕事の魅力~保育の現場から~
この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~ この園なら、子どもにゆっくり寄り添える。「諦めきれなかった」保育士の道、5年目で思うこと~保育の現場から~
「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする” 「いつも一人で遊んでて大丈夫?」小崎恭弘先生の“こんなとき保育でどうする”
“目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3) “目の前のこと”から始める、感性の育み。子どもの見方が変われば「おもしろい」社会になっていく『こどもなーと保育園』(3/3)
“日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3) “日常のなか”で活動をつなぐ。子どもの「気づき」を広げる保育者の寄り添い方『こどもなーと保育園』(2/3)
位置情報を取得できませんでした。
位置情報を利用できるようにするには、位置情報サービスをオンにしてください。