課題背景

2015年の「子ども子育て新制度」への移行、2018年の保育指針、幼稚園教育要領等トリプル改訂の実施、2019年の幼児教育の無償化など、この数年間の保育を取り巻く社会環境は大きく変化をしています。また同時に待機児童と保育士不足、保育者の処遇改善や働き方改革など、制度面だけでなく実際に保育を行う保育者もふくめた保育全体で取り組むべき問題が顕著化しています。
そのような中で保育のあり方自体が検討され、特に最も根本的な「保育の質」についての議論が大きくなっています。保育の営みの根底は「子どもの最善の利益の担保」と言えますが、その前提条件として近年様々な要因が指摘されています。保育者の働き方や労働条件、保育室の物的環境や職員間の人間関係、保育制度などです。
これら様々な観点から、これからの時代の「保育の質」についての検討やその要因を明らかにし、そのことによりより良い保育の実践と保育全体の質の向上を目指していく取り組みが、社会全体から求められてます。

目指していること

本研究を通じて保育者と保護者の保育の取り組みに対する意識を明らかにし、最終的にそれらより「保育の質の向上」に資するものとします。そのために保育者、保護者両者の保育に対する「満足度」についての調査を行います。
従業員満足と、顧客満足の関係についての研究は、米国を中心に活発に行われています。例えば、ゼロックスなどを対象とした調査では、従業員満足度が1%増加すると、顧客満足度が0.22%増加すると言われています。保育所でも、保護者アンケートを取り、保育のサービス改善に、各保育所は努めていますが、保育士満足と、保護者満足が相関しているという明確なデータは見られません。
保育所に関わる全ての人々の満足度を構築する要因を明らかにして、その満足度の向上が具体的にどのように保育等に影響を与えているのかを明らかにします。そのことにより現代社会の保育と子育てをとりまく環境の向上を目指します。

研究の目的

本研究では保育施設で働く保育者の業務の満足度と保護者の保育施設への満足度の関係性に着目をして、それらの相互的な関係性のあり方を明確にすることを目的とします。その関係性がどのような要因により規定され、また影響を受けているのかを様々な調査より明らかにし、両者の関係が保育の質にどのように資するかを検討します。

実施計画

全国保育施設の大規模アンケート調査(保育者1万人・保護者1万人)

保育施設へ依頼を行い、アンケート調査実施。インターネット、紙媒体等活用。
インターネット調査会社等 活用を行う。全国規模調査を予定。

保育者アンケート調査項目

  • 保育業務と働き方
  • 業務環境あり方
  • 施設長マネジメント
  • 業務満足度
  • プロフィール

保護者アンケート調査項目

  • 保育サービスについて
  • 保育者に対する意見
  • 施設長マネジメント
  • 保育満足度
  • プロフィール

ヒアリング調査

保育者・保護者へインタヴュー、グループフォーカスインタヴュー調査 全国で数回実施予定。
アンケート調査の補完的役割。質的調査として具体的、実践的調査を行う。プロフェッショナルインタヴュー実施。保育関係者・自治体・研究者へヒアリング調査

全国保育施設の大規模アンケート調査(保育者1万人・保護者1万人)

2020年

4月 アンケート作成
6月 プレ調査実施
7月 アンケート実施整備
10月 本調査実施

2021年

1月 調査報告書作成
3月 インタビュー調査実施
6月 調査報告会
7月 論文等作成投稿

本研究、大阪教育大学研究倫理審を行う予定。なおアンケートやデータ管理に関して、研究会責任 下適切に対応する。

調査機関:株式会社ネオマーケティング

「人と企業の架け橋となる「価値のある情報サービス」を提供し、人々の生活向上と社会発展に貢献する」という企業理念をもとに、幅広い業種業界、大学・研究機関の皆様と、年間2500本を超える定量・定性調査を実施している調査会社です。

ホームページはこちら

寄付で研究を支援する

当研究にご賛同いただける皆さまからの寄付金を受け付けております。応援よろしくお願い申し上げます。

賛同パートナーになる

当研究に賛同し、研究にご協力いただける保育園関係者の皆様はぜひご連絡ください。

お問い合わせ

当研究会へのご質問、ご意見、取材申し込みは、お問い合わせフォームからご連絡ください。